スマートフォン(スマホ)の電池の持ちが悪いと感じたら試すこと!結構効果ありです

参考になりましたら是非「シェア」お願いします!

スマートフォン(スマホ)は、電池の持ちが悪いですね。

薄く軽くなり、多機能で便利。

でも電池はなかなか小さく大容量化することがむずかしいようです。

今回は、こんなスマホならではの悩みを紹介します。

すでにほかのかたのブログでも紹介されていますが・・・。

WiFiの使用をやめる

WiFiはLTE通信と違い、高速で通信容量も気にならず便利な機能です。

ただ、現状公衆の場ではあまりメリットは感じませんね・・・。

つながったとしても、ほかのユーザーの方もつながっているので、通信帯域が細いと使い物になりません。

電波強度は強くても通信が遅いのはこういった理由もあります。

自宅にインターネット回線を利用したWiFiがある方は便利ですが、自宅にもWiFiがない方はこの機能は切っておいたほうが電池の持ちはよくなります。

WiFiはつながろうと、常に電波は飛ばして接続可能なアクセスポイントを探しています。

電池はどんどん減るだけです。

Bluetoothを使用しているか

最近では電池消費量が多いというウワサは聞きません。

とはいっても、ちりも積もればなんとやら・・!

Bluetoothを使っていない場合はオフにしておくと吉です。

不要なアプリを入れすぎていないか

ゲームなどで遊んでよく見るのが、「プッシュ通知」です。

体力が回復しました!とか、出たりしますよね。

通知がきたということは裏でアプリが動いているということになります。

スマホアプリの最大の特徴は「裏でも動作している」ことです。

さらに通信も行っています。

○○さんがツイートしました!とプッシュ通知がきたということは、裏でアプリが動いて通信をしていると読み取れます。

アプリも動作するために電池を消耗します。

使っていないアプリは思い切って削除してみるとよいでしょう。

これは、結構改善されます。

さらに、通信量の節約にもつながるのでほとんど使っていないようなアプリはどんどん削除してしまうとよいでしょう。

スポンサーリンク

消せないアプリはどうするか・・・

プリインストールといって、購入時に最初から入っているアプリありますよね。

ただ、プリインストールアプリは削除できないことが多々あります。

そんなときは、アプリの起動を無効化してしまえばOKです。

「設定アイコン」「アプリと通知」「アプリ情報」と辿れば、端末にインストールされているアプリの一覧がドーンと出てきます。

無効化したいアプリに「無効化する」といったボタンがあれば無効化可能です。

無効化がないアプリは・・・諦めましょう。

画面が明るすぎないか

スマホの電池消費量第一位は画面です。

画面は、タッチ制御、画面の出力、明るくするための機能など電池消費が一番激しい部分です。

暗すぎるのも問題ですが、明るすぎも目によくないので、適度な明るさに調整すると電池消費量を少しでも抑えることができます。

使っていないシステムを停止する

最後は少し難易度が高めですが、アプリのほかにも実はほとんど使っていないシステムが常駐して裏で動いている場合があります。

なんでもかんでもとめてしまうとシステムが不安定になり逆にパフォーマンスを落とす原因にもなりますが、使っていないシステムをとめることで電池消費を抑えることも可能です。

おわりに

電池は限られたエネルギーです。

・WiFiを無効にする

・Bluetoothを無効にする

・不要なアプリを削除・無効化をする

・画面の明るさを調整する

これらを実施することで、電池消費量を抑えることが可能です。

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

この記事が気に入りましたら
いいね ! お願いします。

Twitter で
トップへ戻る