インターネット/通信

【必須】スイカVPNの評判と使い方・VPN設定方法をご紹介

 

悩む男性
中国からインターネットを接続したいんですが、何か良い方法はないでしょうか。中国からインターネットを見るにはスイカVPNが良いと聞いたのですが評判や使い方を教えてください。

 

中国在住の人に人気のネット接続の方法として「スイカVPN」が有力です。

 

VPNという機能をわかりやすく説明すると「中国にいながら日本と同じようなインターネット閲覧ができる」ということです。

 

もちろん中国でなくてもどんな国でも当てはまりますよ。
はや

 

VPNの利点は通信を暗号化して誰からも覗き見られないというメリットもあります。海外などでは公衆WiFiを接続する際はVPNを使うことが当たり前です。

 

暗号化していないと大声でクレジットカードの番号や暗証番号を言っているのとおなじなんです。

 

さて、この記事ではこのようなことをお話しします。

  • スイカVPNの評判
  • スイカVPNの契約方法
  • スイカVPNの設定方法(Windows/Mac/Android/iPhone)

 

早速見てきましょう。

 

スイカVPNの評判

スイカVPNを聞いたことがない人も多いと思いますので、まずは口コミ(評判)をご紹介します。

 

 

おもにツイッターでの口コミを集めました。

 

VPNは重いという意見が見られましたので、ネットワークエンジニア視点で少し補足しておきますね。

 

VPNはIPsecやSSL-VPNという暗号技術を使いあなたの通信データを暗号化します。これは送信側(スマホやパソコン)が暗号化を行い、接続先となるVPNサーバーが暗号化を複合(逆もあり)します。

 

この複合には複雑に暗号化されたデータを一定の計算式に基づいてもとのデータに戻すのですがとてもサーバーに負荷がかかり通信速度が低下します。これは仕様であり速度が低下することは避けられません。

 

とは言え、最近のVPNサーバーは超高性能になりつつあり通信速度がMbpsを切らなければかなり優秀なVPNサーバーと言えます。

 

VPNの速度については後ほど比較(暗号化と非暗号化の通信速度)をご紹介しますね。

 

スイカVPNの無料お試しはこちら

 

スイカVPNの使い方(契約方法)

 

まずはスイカVPNの契約方法をご案内します。

 

スイカVPNの公式サイトへアクセスをします。

 

スイカVPN公式サイト

 

公式サイトには入れましたら、画面右上にある新規お申込みをクリックします。

 

画面を下へスクロールすると「新規お申込み」という画面が出てきますので、メールアドレスを入力します。

 

メールアドレス入力後、さらに下へスクロールするとメールアドレス認証というボタンが表示されますので、クリックします。

 

メール送信完了の画面が表示されますので、メールを確認しましょう。

 

メールが届きました。リンクをクリックして登録を続けます。

 

名前・エリア・プランを選び「送信」をクリックします。シメイの欄はローマ字で入力します。

 

入力内容の確認をし、「送信」をクリックします。

 

クレジットカード認証を行います。「クレジット認証」をクリックします。

 

画面が変わりますが問題ありません。「お支払い方法」を選び「進む」をクリックします。

 

カード情報を入力し、「決済する」をクリックします。

 

画面がスイカVPNに戻りましたら手続きは完了です!お疲れさまでした。

 

スイカVPNの無料お試しはこちら

 

スイカVPNの設定方法

スイカVPNのVPN接続方式はIKEv2/L2TP/PPTP/Shadowsocks(GFW専用)がすべて使えます。結論はIKEv2かShadowsocksの2択がおすすめです。

簡単に各接続方式のメリットとデメリットを表にまとめました。

L2TPPPTPIKEv2Shadowsocks
メリット互換性が高い
安全性が高い
通信速度が速い
ほぼすべての端末で利用可
L2TP/PPTPよりも速い
セキュリティが高い
接続性が安定
中国政府によるネット規制を回避可能
通信速度が速い
デメリット通信速度が遅い
Firewallを突破できない場合あり
セキュリティが弱い
すでに解読されている
使える端末が限られている中国以外の国からのVPN接続では不要

 

中国国内からのVPN接続を検討されている場合、Shadowsocks一択と考えて良いでしょう。

 

ご存知の人もいるかもしれませんが、中国にはGFW(Great Firewall)というインターネット空間にある大きな壁がそびえており簡単に通り越すことができません。

 

そこで開発されたのが、Shadowsocksというサービスです。

 

スイカVPNには数少ないShadowsocksに対応しているVPNですので、中国国内からのVPNアクセスを考えているならスイカVPNとの契約は正解なんです。

 

中国以外であればIKEv2での接続がおすすめです。
はや

 

今回はIKEv2とShadowsocksの設定について、Windows10、Windows11、Android、Macの4機種でご紹介しますね。

 

お手元に「【スイカVPN】お申込み有難う御座います」のメールと接続したい端末をご用意してください。

 

スイカVPNの公式サイトにわかりやすく接続方法が記載されていましたので、リンクをご紹介します。Windows11については本記事でご案内しますね。

 

Windows11での接続方法

スタートボタンをクリックし、歯車ボタンをクリックします。

 

「ネットワークとインターネット」をクリックします。

 

「VPN」をクリックします。

 

「VPN を追加」をクリックします。

 

図とメールを参考に必要事項を入力し、最後に保存をクリックします。

 

「接続」をクリックします。

 

設定後はタスクバーから接続可能です。

 

IKEv2での接続が完了しました!

 

コマンドプロントにて「ipconfig」と入力することでVPNの接続状況も確認できます。

 

Windows11での接続は以上です。

 

Windows10での接続方法

Windows10 IKEv2での接続方法

 

Windows10 Shadowsocksでの接続方法

 

Macでの接続方法

Mac IKEv2での接続方法

 

Mac Shadowsocksでの接続方法

 

iPhone/iPad(iOS)での接続方法

iPhone/iPad IKEv2での接続方法

 

iPhone/iPad Shadowsocksでの接続方法

 

Androidでの接続方法

Android IKEv2での接続方法

 

Android Shadowsocksでの接続方法

 

VPN使用前と使用中の通信速度の比較

簡単にVPN使用前の通信速度とVPN使用中の通信速度を比較しました。

 

今回は僕自身が日本国内在住であるため、IKEv2での通信速度を計測してみました。
はや

 

VPN使用前

 

VPN使用中

 

ご覧のとおりとなりました。

 

VPN接続でこれはかなり高速であることが確認できました。計測時間も利用者が集中する21時~23時の間で実施していますので、かなりい良い数字です。

 

スイカVPNの無料お試しはこちら

 

スイカVPNの評判と使い方・VPN設定方法をご紹介:まとめ

 

スイカVPNの評判と契約方法、使い方・速度を計測しました。

 

中国国内からのVPNにはShadowsocksがほぼ必須と言える状況にありスイカVPNの契約はほぼ必須となっています。

 

もちろん中国国内以外の海外からのVPNにも使えます。

 

IKEv2はここ2~3年以内のパソコンやスマホでは接続ができますので、海外出張が多い方、中国国内からの接続が多い方はスイカVPNは正解です。

 

念のためにもう一度お伝えしますとVPNは通信を暗号化したり複合したりしますので装置に負荷がかかり通信速度は普段よりも遅くなります。これは現在の暗号化技術の仕様で仕方がありません。

 

スイカVPNの通信速度はかなり速い部類になります。とは言え、実際に使ってみないと何とも言えませんよね。

 

2週間のお試し期間がありますので、万一遅かった場合でも損することはありませんのでご安心ください。

 

もし実際に使ってみて不要に感じたり、使う必要がなくなった場合は【とっても簡単】スイカVPNの解約方法(継続利用OFFのやり方)でわかりやすく説明しています。

【とっても簡単】スイカVPNの解約方法(継続利用OFFのやり方)

続きを見る

 

最後に料金表を載せておきます。

 

スイカVPNの無料お試しはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

はや

「ブログ開設の専門家」。2020年に多数のブログ開設に貢献し、多くのブロガーを輩出。ブログの作り方をはじめ、プログラムにこだわらない方法のブログ高速化やデザイン方法に定評あり。副業としてIT系エンジニアにも取り組み得られたノウハウをブログに公開。

-インターネット/通信
-,