米トイザらスが「破産」を含めた経営再建を検討・・。

トイザらスをご存知のかたは多いと思いますが、なんでも破産の危機にさらされているようです。

Yahoo!ニュース

※時事ニュースのため、今後リンク切れの可能性もあります。

トイザらスが破産の危機に!?

トイザらスといえば今から数十年前、初めて日本にやってきた際、こんな大きなおもちゃ屋さんがあるんだぁ~!っと、子供ながらにワクワクしたのを覚えています。

そして、ついに地元にも出店!車で1時間ほどの場所でしたが親が「トイザらス行ってみるかあ~。」言葉に「どんなおもちゃがあるんだろうと浮かれていたことを覚えています。

普段ならねだっても買ってもらえそうにないおもちゃもここぞとばかりにねだり、すんなり手に入れた記憶があります。

なんと、4000円ぐらいする機関車のプラモデルでした。

と、念願のトイザらスには行きましたが、当時はハローマックというおもちゃ屋さんもあり、海外の「トイザらス」、日本の「ハローマック」と比べたとき、子供心としては日本製のおもちゃがたくさんあるハローマックが良いな~なんて思ってました。

しかし、成人したころでしょうかね。ハローマックがいつの間にかどこにもなくなってしまったこと。
とても寂しくおもいました。少子化の影響なのかな~とか思っていましたが、今度はトイザらスが破綻の危機に・・・。

スポンサーリンク

トイザらス、通販業界との競争激化で経営困難に

むかしと違い今は通販で安く、簡単にほしいものが何でも手に入ります。

というか入ってしまいます!

やはりお店で買う最大のメリットは現物をじっくり見ながら本当にほしいものかどうかを見れることにあると思います。

通販だと、画面で見るだけで触れることはできません。
いざ届いた実物をみると「なんか違う・・。」と愛着がわかないなんてことも・・・。

話が少しそれましたが、最近娘を見ていて思うことは、自分が手にとって選んだおもちゃは大事にしていますが、通販で見た目だけで選んだものは飽きも早い感じがします。

またおもちゃ屋さんが消えてしまうのはなんだか寂しいですね。

ちなみにトイザらスの英語表記で「R」が反転していますが、なんともおもちゃ屋さんらしい由来があります。

子供が字を書くとき反転して書いてしまうときありますよね。

あれはそういう子供の反転した文字を意識したもので、「こどもに親しみをもってほしい」という意味がこめられているようです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る