人気の記事

テキストファイル(.txt)を画像に変換する方法を紹介。用意するものはブラウザだけ!

PDFに記載されている文章をテキストとして取り出したい、という要望はよく耳にしますが、今回はこの逆、「テキストを画像に変換する方法」を紹介します。

なかなかニッチな部分ですが、かゆいところに手が届くをモットーとしているブログですので、ご紹介したいと思います。

ちなみに、パソコンに詳しい方であれば目次を見るだけでピンと来るかと思います。

 

はじめに

少ない文章のテキストを画像化する場合は、Windows標準搭載の「ペイント」を利用すればなんてことはありません。

ただ今回は、違約金支払いの証明書を提出するためにメールの内容を画像に変換してプロバイダーへアップロードする必要がでたのですが文章が長すぎるため、この「技」は使えませんでした。

そこで思いついたのが今回の手順です。

ブラウザはhtmlなどの内容を読み取って、色々な処理をしますが、タグなどの命令がない場合はそのままテキストをブラウザ上で表示してくれます。

これを利用したのが、今回の手順です。

 

準備するもの

以下の3つになります。

ただし、アドオンを使用するので、ブラウザは「Google Chrome」や「FireFox」などのブラウザを利用するとよいでしょう。

・画像化したいテキスト(ファイル中身がテキスト形式で書かれているもの)

・ブラウザ(Firefox)

・ブラウザ内をすべてキャプチャーできるアドオン「Page Saver WE」

 

手順

むずかしいことはありません。

今回はFireFoxとブラウザ内をすべてをキャプチャーできる「Page Saver WE」というアドオンを使った方法を紹介します。

 

FireFoxを起動する

PCにインストール済みのFireFoxを起動してください。起動した際は、Blankの画面になっているとなお良しです!

テキストファイルをドラッグ&ドロップ

これも簡単です。

作成したテキストファイルをドラッグ&ドロップでブラウザ内へドロップします。

ブラウザ内でテキストの中身が表示

下図のようにブラウザないでテキストが表示されればOKです。

 

ブラウザ内をすべてキャプチャー

FireFoxにアドオンした「Page Saver WE」でブラウザ内をキャプチャーします。

キャプチャーする際は、「Save Image of Entire Page…」選び、画像を保存しましょう。

 

保存したファイルを画像ビューアーで確認

最後に、保存した画像データーが問題なく閲覧できるか確認しましょう。

下図はWindows標準機能の「フォト ビューアー」で確認したところです。

きちんと画像となって保存されていますね。

 

おわりに

今回はほとんど需要はないが、知ってると便利な方法を紹介しました。

 

参考になると幸いです。

HAYAMIZ Blogを運営している「はや」と申します。

ネットワークエンジニアを主業務として執筆業務にも従事しております。文章の作成には以前から興味があり、私が今あるのも色々な先輩がたから、たくさんのことを教わったおかげです。
感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク