仕事/転職

【IT業界】未経験からの転職!ヘルプデスクってどんな仕事?業務内容とは?

投稿日:

IT業界に転職したいけど、どんな仕事があってどんな仕事内容なのか知りたい・・・。

異業種からIT業界への転職を希望される方が多いと聞きます。

 

はや
うれしい事です~。

 

さて、今回は私の経験談を基にIT業界ってどんな仕事をするの?どんな仕事内容なの?といったことを紹介します。

 

異業種からIT業界からの転職はなかなか大変そうなイメージではありますが、経験者の転職と大きな違いはないと思っています。

さすがにパソコンの操作方法がわからないといった場合、大変かもしれませんが、パソコンやスマホの操作ができればまずはOKです。

 

今回はIT業界の職種のひとつである「ヘルプデスク」での紹介となりますが、マニュアルが用意されていますし、根幹となるシステムは企業ごとでまったく異なります。

ベテランといえど、転職した際は一から覚えることに初心者と変わりはないんです。

 

ですので、異業種だから自分には無理かな・・・と思い込まずまずは、軽い気持ちで転職サイトに登録してみてください。

 

はや
意外と初心者歓迎案件ってあるんですよ!

 

ヘルプデスクって?

さて、IT業界以前にお勤めされた方でもパソコンで業務をされるといったことは多いと思います。

 

はや
もう、ほとんどパソコンがないと仕事が成り立ちませんよね。

 

そして、不運にもパソコンやデータが壊れたなんてことありませんでしたか?

そう。こういったトラブルに対応してくれる人たちがヘルプデスクと呼ばれる人たちです。

 

主にどんなことやるの?

 

さて、そんなヘルプデスクの業務ですが、多彩です。

 

トラブル対応

難易度的には実は簡単です。

 

連絡を受けてまずは現地へ伺います。

そして、症状を聞いた後、その場で対処可能であれば、対処を試みます。

無理であれば一度調査のために、預かることもします。

 

必要に応じて「予備機」の貸し出しもします。

 

また、現地へ伺い、すでにパソコンが起動しないのであれば手が出せないのでメーカーへ修理依頼をします。

修理から帰ってくると業務に必要な設定を再度行い(キッティング(後述))、依頼者へ返却します。

 

業務用アプリが動かない場合、企業ごとのヘルプデスクで対応は異なるかもしれませんが、トラブル対応はノウハウの蓄積なので大体マニュアル化されています。

 

一番は早期復旧ですので、見込みがない場合は、再キッティングをしちゃいます。

ですので、トラブル対応では再インストールで復旧できるかどうかの見極めが重要になります。

 

OSが起動しなくなった

これはパソコンの故障時と同様、再キッティングします。

パソコン一台ずつにOSをインストールをするという作業はキッティング以外ではあまりやりません。

 

オフィス系アプリ

ワード、エクセル、パワーポイントなどのアプリを指します。

これが壊れた場合、オフィスの再インストールを試みますが、ダメな場合は再キッティングします。

 

トラブル対応時では業務影響を最小限にするために、原因究明に時間がかかってしまいそうなら再キッティングで早期復旧をはかります。

キッティングにはほぼマニュアル化されているので、はじめてIT業界にこられた方でも難易度は高くありません。

 

キッティング作業

 

さて、キッティング作業ってなに?ということですが、あらかじめ業務で使う「OS」「アプリ」をインストールしておくことを指します。

そして完成した一台のパソコンをバックアップ(コピー)しておき、障害復旧や新規設置の際にリストア(復元)していきます。

 

要するにパソコンにOSやアプリをインストール、設定していくことを「キッティング」と呼び、手順化されていることがほとんどです。

 

ただし、間違えてキッティングしてバックアップまで行った場合すべてが台無しになるので、注意深く作業を行う必要があります。

 

ネットワーク・システム変更もヘルプデスクの仕事

 

ヘルプデスクは平日は障害対応、土日は導入作業といった場面分けが多いです。

 

導入作業は業務を止める必要ある場合は土日重要度がさほど高くない場合は平日業務時間終了後に行います。

 

比較的、土日作業が多いことが特徴です。

 

土日でやることと言えば・・・

  • ネットワークのシステム変更
  • サーバーの設定変更作業
  • 新しい機材と古い機材の入れ替え(リプレースと言う)
  • 大多数の端末変更
  • パソコンリプレース

 

一例では上記の業務が挙げられます。

 

ネットワークの変更作業はヘルプデスクの上位に位置する「システム部」などがメインに行いますが、彼らが設定変更でつまずくとその下の要因はひたすら暇になるということもしばしば。

 

はや
大変な事態なのではありますが、「良くあるイベント(笑)」のひとつです。

 

定期業務

サーバーのバックアップ、リストアという定期的な業務があります。

 

サーバーとは、秘密文書や、業務アプリなど重要なデータを保存したりする重要な場所(機材)です。

とても重要なので、隔離された部屋(マシンルーム)にあることがほとんどです。

 

そんなサーバーでも壊れることがありますし、データが壊れることもあります。

そうした事態に備えて、サーバーのバックアップは欠かせません。

 

はや
これは毎日行います。

 

データが壊れた場合、ユーザーさんから直して欲しいといったことは良くありますので、そのつど対処してあげます。

 

たまにサーバーの設定変更作業なんかもありますが、あやまって対象外のサーバーの電源を落としてしまった日には企業によってはニュース沙汰になりますので、非常に神経を使う部分です。

 

はや
私は一度金融系のサーバーの電源を落として恐ろしい目にあっています。

 

初心者が修行するにはベストな職場

異業種からIT業界(プログラミング系ではない)を目指すのであれば、まずはヘルプデスクで経験をつむこともステップアップの道のひとつです。

 

はや
あらゆるトラブル対応をこなすことで、知識はどんどん深まりますよ。

 

得た知識は設計に大いに役立ちますし、さらにネットワークエンジニア、システムエンジニアへステップアップするにはヘルプデスクは最適な職場です。

 

 

参考になれば幸いです。

関連記事一覧

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

しかも、チャージするほどポイントが貯まり、お得にお買い物できちゃいます。

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はや

20キロの減量に成功した「元・顔がパンパン」の現役ネットワークエンジニアです。ダイエットに関する知識・IT系の知識に定評頂いています。レビュー依頼など執筆依頼は「お問い合わせ」から頂けると幸いです。

-仕事/転職
-, ,

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.