比較

WiMAXか光回線どちらがベストか比較【プロが教える】 2020年9月

WiMAXと光回線はどちらがベストか

 

相談者
インターネットを自宅で使えるようにしたいんだけど、WiMAXと光回線を比較して決めたい。

 

こんな悩みにお答えします。

 

インターネットを選ぶ基準は下記の2つがあります。

  • 光回線を引く
  • WiMAXを使う

 

結論を言うと、好きなほうを選べば良いが答えになります。

 

ひとむかし前だと、

自宅=光回線

 

今でも本当にそうでしょうか。

実はそうではないんですね。

 

光回線はNuro光では2Gbps(理論値)ですが、それ以外のプロバイダーは1Gbps(理論値)です。

 

それに対し、WiMAX 2+というモバイルルーター(ポケットWi-Fi)は最新機種で1.2Gbps(理論値)をたたき出してきます。

正直最良の条件での話が前提ですが…。

 

とはいえ、むかしとは違って、今ではモバイルルーターでも光回線に迫る速度が手に入る時代になりました。

 

そこで、インターネットを自宅で使えるようにしたい!となったとき、、、

  • WiMAXと光回線のどちらが便利?
  • メリットデメリットは?
  • 料金はどっちがおとく?

 

といったことを比較レビューします。

 

WiMAXと光回線を比較!「通信品質(速度)」

WiMAXと光回線を比較!「通信品質(速度)」

インターネットを使うにあたって気になるのは通信品質(通信速度)。

 

はや
なお、今後通信速度という言葉が出てきますが、これらはすべて理論値です。

 

理論値とは、「設計上の」「計算上の」といった実際にでる速度ではないということを覚えておくとOKです。

お使いの地域によってはWiMAXが速かったり、光回線が速かったりしますが、あくまでも理論値で話を進めていきます。

 

光回線のメリットは通信速度が安定している

固定回線は通信速度が安定している

冒頭での述べましたが、光回線はほとんどのプロバイダーで1Gbpsが平均的な速度です。

また安定した通信速度が最大のメリットです。

 

ちなみにNuro光という光回線は2Gbpsです。

平均的なプロバイダーの2倍の速度を誇り、テレワークやオンライン学習の同時利用に強いというメリットがあります。

テレワークなど業務で大容量データのやり取りや大きなファイルをダウンロードする機会が多い方にはとても良いサービスですが、とりあえず独身だし、映画やゲームを楽しめればOKという方は1Gbpsで十分です。

 

光回線のデメリットは自宅でしか使えない

固定回線のデメリットは自宅でしか使えない

光回線は光ファイバーを自宅まで引いているので、この速度の恩恵が受けられるのは自宅で使っている場合だけです。

 

はや
当然一歩外に出ると光回線は使うことができません。

 

ですので、仕事が忙しくほとんど家にいることがない・・・。といった場合、光回線は宝の持ち腐れとなります。

また光回線は複数の人数で(ほとんどが家族)使う場合、別途ルーターという装置をインターネットの入り口に置く必要があり若干の知識が必要にもなります。

 

  • ルーターとはこんな装置

 

WiMAXのメリット

WiMAXのメリット

通信速度は2020年5月現在で最新機種の「Speed Wi-Fi Next WX06」を利用すれば平均的な光回線の通信速度を上回る1.2Gbpsが体感できます。

 

ほとんど自宅でインターネットを使わない(使えない)のであれば、WiMAXで十分あなたの要望を満たせます。

  • 自宅では光回線として使える
  • 外出時はどこでもインターネットが使えるのでビジネスにも便利
  • 最新機種であればインターネット通信も高速
  • 子供のオンライン学習(習い事レベル)

 

大きく4つのメリットがあるのが、WiMAXです。

 

WiMAXのデメリット

WiMAXのデメリット

WiMAX 2+はスマホと同じような仕組みを使ってインターネット通信をしています。

そのため、通信制限がWiMAXにも存在するので、通信制限が最大のデメリットになります。

 

  • 通信制限には2つのパターン
  • ギガ放題プランを利用して3日で10GBのデータ通信を行った場合
  • ギガ放題プラン+LTEを利用し7GBのデータ通信を行った場合
とくに注意しないといけないのが、ギガ放題プラン+LTE通信。

 

これは1.2Gbpsの通信速度を利用する場合の限定的な制限になりますが、ギガ放題+LTE通信を行っていて7GBのデータ通信を行っていた場合、翌月まで通信制限がかかってしまいます。

通常のギガ放題プランでは、3日で10GBのデータ通信を行ってしまっても翌日には制限が解除されます。

 

またWiMAXは電波を使っているため、場所によっては通信できない場合がある(または回線速度が遅い)ので、ご注意ください。

 

WiMAXでは救済措置として、違約金がかからない「初期契約解除制度」がある。

WiMAX2+端末が着荷した日または、ご契約内容確認書面をお客さまが受領した日のいずれか遅い日から起算して8日を経過するまでの間、初期契約解除制度を利用して本サービスを解約できます。

 

使ってみて「満足のいく通信ができなかった場合」解約することが可能です。

ただし、契約する際に発生する事務手数料3,000円は対象外(戻ってこない)ので、この点注意してください。

 

WiMAXと光回線を比較!「月額料金」

WiMAXと光回線を比較!「月額料金」

 

今回は数あるプロバイダーから、WiMAXは「GMOとくとくBB」、光回線は「OCN」を例に月額料金を比較します。

  • GMOとくとくBBはキャンペーンがいくつかありますが、一番有名な「キャッシュバックキャンペーン」を例に扱います。
  • OCNは「マンションタイプ」と「戸建てタイプ」の2つを例に扱います。

 

※左右にスクロールできます(モバイルの場合)

プロバイダー名事務手数料(税抜き)初月料金(税抜き)2ヶ月目以降機器工事費用
GMOとくとくBB3,000円3,609円の日割り3,609円~0円0円
OCN(戸建て)3,000円契約月は無料5,100円(自動更新)100円~18,000円
OCN(マンション)3,000円契約月は無料3,600円(自動更新)100円~15,000円

 

ざっと見たところ、月額料金の安さはGMOとくとくBBに軍配があがります。

WiMAXが安い最大の理由は工事費用がゼロであることですね。

 

マンションタイプでは自動更新という条件付で月額3,600円を実現していますが、工事費用が上乗せされます。

プロバイダーによっては「工事費用実質ゼロ円プラン」などで相殺されることが多いですが、途中解約した場合は工事代金の残金を請求されますので、ご注意を。

 

マンションタイプの工事費用は一括で支払うこともできますが、WiMAXは0円です。

工事費用を分割で支払う場合、初月は3,000円以降は400円×30回払いとなります。(マンションタイプの場合)

 

はや
工事費用は土日祝日や繁忙期が重なると料金が値上げされる場合もあります。

 

なお、月額料金はどのプロバイダーも安いですが、「解約違約金」がありますので、ご注意ください。
  • WiMAX 2+では3年契約(1年以内の解約は19,000円、2年以内の解約は14,000円、それ以降は9,500円)
  • OCNでは2年契約(11,000円(不課税))

 

WiMAXと光回線を比較!「使えるまでの時間」

WiMAXと光回線を比較!「使えるまでの時間」

WiMAXと光回線でインターネットが開通するまでにかかる時間は圧倒的にWiMAXが早いです。

 

光回線

光回線の場合

すでにマンションの機械室から自室まで回線が引かれているのであれば、技術員を派遣して工事することがなくなりますので、開通まで早くなります。

 

マンションの機械室から自室まで回線が引かれていない場合、技術員を派遣して自室まで工事してもらう必要がありますので、技術員の確保をするなど開通までに時間がかかることもあります。

戸建ての場合、マンションとは違い始めから回線が引かれている場合がないため、開通までに時間がかかります。

 

WiMAX

WiMAXのメリット

WiMAXは申し込みをして、モバイルルーター(ポケットWiFI)が自宅に到着すればその日よりインターネットを使うことができます。

WiMAXの最大の魅力は申し込みから最短2~3日以内にインターネットを使うことができる点です。

 

  • OCN、GMOとくとくBBの詳しい料金はこちら

 

WiMAXと光回線を比較!「引越し」

WiMAXと光回線を比較!「引越し」

 

WiMAX・光回線を使っている場合において引っ越しをする必要がでたときの引っ越しやすさを比較します。

 

光回線

光回線の場合、まず回線を撤去するところから始まります。

そして、新居では工事を行います。

 

新築の家であれば、回線がすでに開通している場合もあるでしょう。

古いマンションだった場合は、機械室から自室まで回線を引いてもらうため、「また」工事費用が発生してまうというデメリットがあります。

 

WiMAX

WiMAXは、モバイルルーター(ポケットWi-Fi)を持ち歩くだけですので、引越しだからと気にする必要がありません。

外出時にモバイルルーター(ポケットWi-Fi)を持ち出すという感覚。

 

はや
やることといえば、契約ページなどで住所変更を行うぐらいです。

 

新たに工事費用が発生するということもなく、非常に楽です。

 

WiMAXと光回線はどちらがベストか(まとめ)

WiMAXと光回線はどちらがベストか

 

最後にWiMAXと光回線のメリットとデメリットをまとめました。

選び方のコツは第一にあなたが自宅でどのくらいインターネットを利用するか

 

これからインターネットを自宅で使いたいと考えているあなたの手助けになれば幸いです。

 

光回線

  • メリット
  • 安定した通信速度を使うことができる
  • 通信制限というものがない(常識の範囲を超えると個別にかかる場合あり)
  • ホームネットワークの構築ができる

 

  • デメリット
  • モバイルルーターと違いインターネットは自宅でしか使えない
  • WiMAX 2+よりも月額料金が高い(3年以降では安くなる)
  • 引越しをすると再度工事費用がかかる場合がある

 

WiMAX

WiMAXのメリット

  • メリット
  • 一般的な光回線の通信速度を上回る
  • 工事費用が一切かからない
  • 月額料金が安い

 

  • デメリット
  • 通信速度の制限がある
  • 電波を使うという性質上、満足の行く通信速度が得られない場合がある

 

  • 参考記事

私がGMOとくとくBB WiMAX 2+を選んだ9つの理由と契約の注意点まとめ【WiMAXルーター】

【快適】Nuro光は在宅勤務(テレワーク)とオンライン授業の同時利用に強い光回線【安心感が段違い】

 

-比較

© 2020 HAYAMIZ BLOG Powered by AFFINGER5