https://hayamizbg.net

Mobile Devices

コスパ最高の中国製Windowsタブレット「Jumper EZpad 6 Plus」はシンクラ端末としても最高

更新日:

中国製Windowsタブレットを入手しました。

ここでいう中国製とは「日本企業が中国で製造した」という意味ではなく、中国企業が開発販売しているWindowsタブレットのことを指します。

 

今回は、Jumper EZpad 6 Plusについてレビューしていこうと思います。

 

下記はAmazonにてJumper EZpad 6 Plusの取り扱いがなくなったため、同等シリーズのタブレットPCを紹介するリンクです。

 

結論!

良かった点

  • 本体とキーボードでおよそ4万円ですが、動作軽快で、使い心地は最高!
  • キーボードとタブレットの接続ですが、ガッチリしており不安な要素はなし
  • 電源入れてからWindowsのデスクトップ画面が表示されるまでの時間は30秒程度なので、ストレスフリー
  • ブラウジングも軽快

悪かった点

  • タッチパッドの右下部分をタッチすると引っかかる感じがあり(個体差?)
  • 背面にJumper 中柏(社名ロゴ)がある
  • 初心者殺しがある(後程記載)

 

はや
次に詳細レビューです。

 

シンクライアント端末として最高のタブレットPC

シンクライアント端末とは、リモートデスクトップ接続をして使う専用の端末を言います。

本記事でレビューする「Jumper EZpad 6 Plus」は、ディスク容量が64GBと非常に容量が少ないです。

しかし、シンクライアント端末として使う分には十分な容量なんです。

 

自宅にメインパソコンがありそれをカフェや仕事先などからリモート接続を行うことで、メインパソコンをどこでも扱うことが可能になります。

 

へー!便利なのね。
あっちゃん
はや
うん。データを実際に持ち歩くわけでもないし、万一紛失して被害はタブレットPCだけになるんだ。
はや
ブロガーさんにもこういった使い方はオススメです。
端末を盗まれてしまっても情報が抜かれる心配もなってことね!
あっちゃん
はや
企業では実際のパソコンは「データセンター」にあり、シンクライアント端末として動作するノートパソコンを業務に使用するパターンも増えてきているんだよ。

 

リモートデスクトップ接続を行う方法を記した記事がありますので、興味をお持ちの方はご覧になってみてください。

パソコンの電源を外出先から投入し、リモートデスクトップ接続を行う方法

前回、2つの記事でパソコンを外出先から操作するための設定方法を紹介しました。   準備編 接続編   ...

続きを見る

自宅や実家のパソコンを外出先からリモート接続するために必要なもの

自宅のパソコンや実家のパソコンをリモートで操作したいけどやり方がわからない…。 今回はそんな「かっこいい!」と思わせる「 ...

続きを見る

自宅や実家のパソコンを外出先の端末からリモートで接続する方法

本記事はリモートされる側の設定ができていることが前提となっております。 まだ設定を行っていないかたは、下記の記事をご参考 ...

続きを見る

 

ポケットWiFiがあればシンクライアント端末としての便利さが格段にアップします。

WiMAX 2+のプロバイダー選びはキャッシュバックで選ぶことが成功の近道。機能や口コミで選んでも意味はなし

WiMAXを選ぶなら断然キャッシュバック金額が超高額なところが良いです。 WiMAXを使う以上、月額料金はかかっていきま ...

続きを見る

 

今回レビューした「Jumper EZpad 6 Plus」以外の端末でももちろん可能です。

私はMacBookは持っていませんが、Macパソコンでも可能ですし、ノートパソコン、スマホでもリモートデスクトップ接続を行うことができます。

 

Jumper EZpad 6 Plus外観

まずは梱包されてきた箱です。

SonyやAppleなどのような高級感はありませんが、ビニールでしっかり保護されているのでかすれなどのすり傷はありません。

 

そして、キーボードとタブレットを組み合わせた画面が下記です。

Microsft Surface感があります。

 

実際の大きさ実感していただけるように、メジャーをおいて撮影した画面を紹介します。

 

横の長さはおよそ30センチ!

 

たての長さはおよそ18.5センチ!

はや
タブレットがゆがんでいるように見えますが、カメラレンズの影響です…。

 

ベゼル幅は2センチ!

 

ベゼル幅はMicrosoft Surfaceなどと比べるとどうしても厚く感じると思います。

はや
私も厚いのはカッコ悪いな~と思っていましたが、2センチは全然アリでした!!
はや
これ以上の厚さはさすがにカッコ悪いと思います。

 

各端子

Jumper EZpadには便利な端子がいくつかあります。

タブレット上にいちする部分は「電源ボタン」、次いで丸い部分が「イヤホンジャック」、その下が「USB Type Cコネクター」「ボリュームボタン」と続きます。

 

反対側。

上から「電源端子」「Micro HDMI端子」「USB端子」と続きます。

 

キーボード外観

忘れていました。

最後にキーボードです。

念のためここでも記載しますが、Jumper EZpad 6 Plusはキーボードは別売りとなります。

 

はや
こちらもゆがんで見えていますが、カメラの影響によるものです。

当然なのですが、中国企業が制作しているため、キーボードが配列は「英語版」となります。

 

はや
日本語配列は日本のみなので、当然なのですが…。

ちなみに悪かった点でも紹介していますが、タッチパッド右下の部分をクリックするとやや引っ掛かりを感じる点が残念でした。

これはおそらく個体差だと思います。

 

キーボードの特殊文字の入力方法

ちなみによく使う「日本語入力切り替え」「@(アットマーク)」「_(アンダーバー)」「:(コロン)」などの入力方法を紹介します。

 

日本語入力切り替え

Shiftキー+Caps Lock

アルファベット入力に戻す場合も同じです。

 

@(アットマーク)

Shiftキー+2

 

_(アンダーバー)

Shiftキー+ー(マイナス) 数字の0の1つ右

 

:(コロン)

Shiftキー+;(セミコロン) アルファベットLの1つ右

 

ここで気づく方も多いと思いますが、キーに上下に分かれている文字や記号は「Shiftキー」を押さない場合は下Shiftキーを同時に押した場合は上の記号が入力されます。

 

初期セットアップ時の注意点

初心者殺し…というか、トラップが1つ仕掛けられています。

それは、「Windows Update」に失敗する点。

 

これは簡単にいうと、「Windows Update」を行うWindowsの「サービス」が無効化されているためです。

国内でWindowsパソコンやタブレットを購入した場合は、自動化されているので、Windows Upadateについては何の問題はないのですが、輸出を前提としている場合ここが無効化されている場合があります。

 

はや
「バグ」「不良品」「壊れている」ということではないことをお伝えしておきます。

 

対処法

Windows Updateサービスが無効の状態だと下図のように更新ができません。

 

Windows Updateサービスを有効化します。

画面左下のWindowsボタンを押し、「検索バー」「サービス」と入力すると「サービス」アプリが検索結果に出てきますので、これを起動します。

 

サービスの一覧がズラッと表示されますので、その中から「Windows Update」を探し出し、起動します。

すると下図の画面が表示されますので、「自動(遅延開始)」を選択し、「OK」をクリックします。

 

「サービスの開始」をクリックします。

 

サービスの設定は以上で完了です。

 

更新プログラムを確認しています…のメッセージが無事表示

 

順調に進んでいます。

 

画面が狭く感じる

あれ?なんかスペック表だと1920×1080と書いてあるのに「なんだか画面が狭いぞ…?!」と感じる方も多いでしょう。

11インチほどの画面に1980×1080では文字などはかなり小さくなります。

そのため、通常では100%となるところ、初期設定では150%になっています。

 

気になる方は「デスクトップを右クリック」「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」で、150%(推奨)から100%に変更を行えばOKです。

 

変更前

 

変更後

 

推奨値ではブラウジングは見やすく快適ですが、画面はその分狭くなります。

ワードプレスを利用する方や、Excelなど画面の広くしたい方は100%にした方が快適です。

 

用途によって使い分けるってことね!
あっちゃん
はや
うん!

 

スペック

最後にJumper EZpad 6 Plusの性能表を掲載します。

項目性能
OSWindows10 HOME 64bit
CPUIntel Celeron N3450
メモリ6GB
データ保存領域64GB
MicroSD最大許容量128GB
ディスプレイ11.6インチ
最大解像度1980×1080 Full HD
バッテリー3500mAh
接続可能端子USB3.0×1, MicroUSB×1, イヤホンジャック, MicroSDスロット×1, MicroHDMI×1
サイズ297×183×10.4 (mm)
重量950g (キーボード除く)

 

使い方(考察)

11.6インチということで比較的画面は広く、16:9で画面は申し分ありません。

動作も軽快で、メールや文書作成、ブラウジングにおいてストレスは感じません。

ただし、付属のキーボード英語版なので、はじめは特殊文字の入力に戸惑うかもしれません。

 

タブレットとしての使い方も申し分ありません。

タブレットとして使う場合は、文字サイズは推奨値の150%が便利でした。

100%だと、小さくなり大人の指では少々タップしづらいです。

 

データの保存領域は64GBしかないのが難点です。

MicroSDで最大64GB+「128GB」まで拡張できます。

とにかく容量は小さいので、「One Drive」「Googleドライブ」も併せて活用すると良いです。

 

これらを踏まえると下記の使い方がもっとも便利だと感じました。

  • ワードプレスでの記事作成
  • 文書作成
  • ブラウジング
  • 自宅PCをリモート接続用としてのシンクライアント端末

 

持ち運びが便利なので、ポケットWiFiを持っていればどこでも使える点がうれしいですね。

WiMAX 2+のプロバイダー選びはキャッシュバックで選ぶことが成功の近道。機能や口コミで選んでも意味はなし

WiMAXを選ぶなら断然キャッシュバック金額が超高額なところが良いです。 WiMAXを使う以上、月額料金はかかっていきま ...

続きを見る

 

下記はAmazonにてJumper EZpad 6 Plusの取り扱いがなくなったため、同等シリーズのタブレットPCを紹介するリンクです。

はや
コスパ最高です!

 

参考になれば幸いです。

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

しかも、チャージするほどポイントが貯まり、お得にお買い物できちゃいます。

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はや

20キロの減量に成功した元「顔がまんまる」の現役ネットワークエンジニアです。皆様の疑問に答える一身で日々精進しております。レビュー依頼など執筆依頼は「お問い合わせ」から頂けると幸いです。

-Mobile Devices
-, ,

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.