Windows10を無償アップデート、その後再インストールしたときに湧き上がる疑問にお答え

Windows10は無償で提供されていた時期があるのをご存知でしょうか。

Windows7とWindows8.1ユーザーへWindows10を一年間の間無償でアップグレードできるというものでした。

今回は、無償アップグレードした「後」について書いていきます。

結論から書きます

まず無償提供を受けたWindows10のクリーンインストールは問題ありません。いつもどおりにインストールを実行してください。

ライセンスの再認証は問題ありません。ハードウェアの大幅な変更がない限り問題なく認証されます。

では、詳細について書いていきます。

スポンサーリンク

無償提供のWindows10のクリーンインストール

無償提供期間中に入手したWindows10をクリーンインストールしたいけど、大丈夫かな?という質問を多く見ます。

結論ですが、問題ありません。

Windows10 32bit版・64bit版など問わずどのWindows10でもクリーンインストールが可能です。

手順はいつもどおりにWindows10をインストールするだけです。

ほんとうに無償提供となるとはすごいことですね!

クリーンインストール後のライセンス認証

Windowsはどうしても使い続けていると重くなる傾向があります。

なので、パソコンのデータの大掃除もかねてOSのクリーンインストールを行うことはよくあるのですが、その際、ライセンス認証はどうなるのか?

疑問をもつ読者の方も多いと思います。

結論ですが、ライセンス認証可能です。

これには前提がありますが、

大幅なハードウェアの構成に変更がなければ問題なく認証可能です。

どういうことかというと、

グラフィックカードやUSBではないHDDの交換、マザーボードの交換が行われていなければライセンス認証は問題がない、ということです。

では、大幅なハードウェアの構成変更があった場合、ライセンス認証は否認されるのか?

再認証は必要ですが、きちんとライセンス認証は認可されます。

既製品をお使いの方であれば、Windows10のクリーンインストールによるライセンス認証は気にする部分ではないと推察できます。

ただし、頻繁なライセンス認証は否認されてしまう場合があるので、計画的にクリーンインストールを実施してください。

おわりに

無償提供のWindows10についてざっくりではありますが、記載しました。

結論からいうと無償だからあれはダメこれはダメといったことはなく購入した製品と同等に扱うことができると結論付けることができます。

Windows7を使いやすく感じている方はとっつきやすいと思います。

すでに無償提供は終了していますが、つかいやすく動作も軽いためWindows 10の乗り換えもお勧めします。

参考ですが、わたしのパソコン環境はWindows10 Pro 64bitです。

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る