Windows10でテストモードが解除できない?!解決方法は超簡単!!コツ教えます。

今回は未署名のデバイスドライバーをインストールするなど、特殊な場合に使用するモードである「テストモード」の解除方法について紹介します。

テストモードとは…

テストモードとは、未署名のデバイスドライバーなどをインストールしたいなど特殊な場合に使用するモードで一般ユーザーにはあまり必要なモードではありません。

ただ、まれに未署名のデバイスドライバーをインストールされていたりするとテストモードに移行する場合もあるようです。

テストモードになっているかどうかは画面に右下に表示されています。下図はデスクトップ画面右下に表示されている場合の表示例です。

スポンサーリンク

テストモードの解除方法

テストモードは簡単に無効(オフ)にすることが可能です。

コマンドプロンプトを「管理者権限」で実行し、以下に紹介するコマンドを実行します。

bcdedit /set TESTSIGNING OFF

下図のようにコマンド実行後、「この操作を正しく終了しました。」のメッセージが表示されれば作業完了です。

最後にパソコンを再起動し、画面右下にテストモードの表記がなくなっていることを確認して作業は完了です。

コマンドが実行できない場合

ネットでちらほら見かけるのが・・

「コマンドを実行したが、テストモードが解除できない!」

ほとんどが上記で紹介したコマンドが正しく実行されていないことが原因です。

下図に示すように「アクセスが拒否されている」ため、コマンドは実行されていません。そのため、テストモードは解除されていません。

どうすればいいか

知っているようで以外に知らない管理者権限。

管理者権限とはお使いのWindowsパソコンを管理しているモードでこのモードでしか動かせないプログラムがあります。不意にユーザーが設定を変更できないように重要な機能の設定変更はこの権限がないと実行できません。

あえて操作を複雑(操作にひと手間追加する)にしているのはこのためです。

少し話がそれましたが、コマンドプロンプトを管理者権限で実行するには、下図を参考にコマンドプロンプトのアイコンを右クリックし「管理者として実行」をクリックします。

コマンドプロンプトのアイコンをただクリックしただけでは管理者権限では動作しないので注意が必要です。

コマンドプロンプトが起動してきたら先ほど紹介したコマンドを実行することでテストモードがオフになるかと思います。

まとめ

テストモードの解除方法はコマンドプロンプトを管理者権限で起動し、コマンドを実行するだけで簡単にオフにすることができます。

コマンド実行後はパソコンの再起動が必要ですので、ご注意ください。

参考になれば幸いです。

内容に質問があればお気軽にどうぞ!

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

記事は参考になりましたか。
クリック頂けると幸いです。

スポンサーリンク
トップへ戻る