INTERNET

通信が遅くて困ってる人必見!有線LANと無線LANの違い

2018年12月28日

エックスサーバーからSSL証明書の更新に失敗したとメールがきた

家庭でネットワークを構築したいけど、どちらが良いのか…。

そもそも有線LANと無線LANはどちらがオススメなのかがわからない。

 

今回は有線LANと無線LAN、どちらが優れているのかメリットデメリットを色々な角度から簡単にご紹介します。

 

相方
文字が多い記事となり恐縮ですが、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

 

まず結論

無線LAN有線LANはどちらもメリットデメリットがあるので、自分がどう使いたいかを選べばOKです。

 

通信速度をとにかく確保したい場合は有線LAN

PS4などはとにかく大きいファイルをダウンロードすることが多いですので、こういう場合は有線LANに限ります。

ただし、有線なので、ケーブルリング次第では部屋がケーブルでごちゃごちゃになりがちです。

おススメはタイルカーペットなどの下に隠すような配線です。

 

スマホやノートパソコンメインで部屋を移動して使いたい場合は無線LAN

スマホは当然ケーブルは接続できないので、無線LANは必須になります。

また、とにかく配線をスッキリさせたい!という方にもオススメです。

ただし、端末数が多くなるほど通信速度の低下は有線LANよりも顕著にでてきます。

 

以下詳細です。

 

有線LANと無線LANの配線はどちらがキレイか

自宅でパソコンやスマホでインターネットを利用するには、モデム、ルーターとつなげる必要があります。

これらをつなぐ方法に「物理的なケーブルを用いた有線」「電波でつなぐ無線」の2種類があります。

 

有線LAN

LANケーブルはこういうものです

 

メリットは複雑な設定が不要という点。また、無線LANとは異なり通信速度が速い点もあげられます。

デメリットはLANケーブルを各部屋に引っ張る必要があり、見た目が美しくありません。

 

部屋数が多く、パソコンやプリンターなど、ネットワークを構築する端末が増えると配線も煩雑になってきます。

路線図のような整然とした配線ができる方であれば、その配線もキレイでカッコいいものになりますが、賃貸マンションなど壁に穴をあけて線を隠すことも難しい点がデメリットになります。

 

無線LAN

メリットは有線LANとは違い、物理的な配線が一切不要という点。

デメリットは複雑な設定が必要になってきます。通信速度も有線LANよりも遅くなります。

 

電波はだれからも見えますので、電波を暗号化していなければ悪意を持った人間から通信内容が漏れます。

 

はや
もっと言うと、あなたのインターネットを勝手に使うこともできてしまいます。

そのため、通信を盗み見られないようにする設定が必須です。

 

部屋数が多く、IT分野の知識をお持ちの方やインターネットや自宅ネットワークをすっきりさせたい方には無線LANがオススメです。

 

通信速度はどちらが速いか

有線LAN、無線LANともに通信をする約束事(規格)があります。

 

当然古い規格よりも新しい規格の方が、通信速度や品質が上になります。

 

有線LANの規格

「カテゴリー〇〇」などと呼ばれ、比較的わかりやすいです。

 

例えばカテゴリー5とカテゴリー6を比べたとき、当然カテゴリー6の方が通信速度や品質が上になります。

 

カテゴリー5ケーブル(Cat5e)

 

カテゴリー6ケーブル

 

通信速度や品質を高めるには、カテゴリーの数字が高いものに対応しているルーターやLANケーブルを選びます。

 

価格

カテゴリーが低くなるほど、値段は安くなります。

規格が新しいほど値段は高くなります。

 

はや
性能と予算で適切なカテゴリーを選びましょう。

 

無線LANの規格

「IEEE802.11n」「IEEE802.11ac」などと呼ばれ、有線LANと比べると少しわかりづらいです。

はや
数字が高ければ良いという判断ができなく覚えるしかありません。

 

現在主流の無線LAN規格は「11ac」や「11n」です。その違いは…

  • 11acは速度がとても速いですが、壁などに弱い性質があり、通信品質が低下しがち
  • 11nは11acよりも前の規格なので、速度は遅いですが、通信品質は高い

 

なお、11nは2.4G帯の電波を使用しています。

この電波は「Bluetooth」や「電子レンジ」と干渉してしまいます。

同じ波なので、打ち消されてしまい、電子レンジを使用していたりすると通信が途切れてしまいます。

はや
11acは5G帯を使っているので、電波干渉の心配がありません。

 

さらに…

無線LANと有線LANの最大の違いは、双方向通信ができるかできないかにあります。

はや
電車の線路を思い浮かべてください。

 

有線LANは電車の線路に例えると上りと下りの2本の線路があります。

複線とも言いますね。

 

無線LANは単線です。

上りと下りの電車が同時に走れない状況です。電車は駅ですれ違うことはできますが、通信の世界では途中に駅はありません。

 

これをもう少し専門的な話にしてみます。

例えばブログなどをパソコンで見る場合、無線LANでは「パソコンが情報を要求して」「サーバーが応答するまで」片方がすべて終わるまで通信ができません。

有線LANは要求と応答が同時にできますので、通信速度に差がでます。

はや
およそ2倍違うと思っても問題ないです。

 

最近の規格では通信速度が(理論上)1Gbpsに近いので有線LANと差はないように感じますが、端末が多いと「要求側」と「応答側」で渋滞が起きてしまい、なかなかサイトが表示されないといったことも出てきます。

さらに無線LANは暗号化していますので、通信速度は低下します。

 

ここまでくると、「有線LANの方が優れているじゃん」って思いますよね。

その通りで、実際優れています。

 

実際データーセンターでは有線LANが使われている

はや
今回の記事の趣旨とはずれますが…

 

プロバイダー内やワードプレスを収容しているレンタルサーバーなど総じて「データーセンター」と呼ばれています。

これらデータセンターは無線は使いません。

そもそも無線を盗み見られる恐れもありますので、使いません。

 

電波なので、通信が100%を担保できないことはもちろん、数百万以上あるアクセスをさばくには向いていません。

有線LANといっても一般的にみるケーブルとは違い、重要箇所には光ケーブルが使われています。

 

ちなみにデータセンター内はおよそ10Gbps、100Gbps(最近は400Gbpsも出てきている)の通信が流れています。

実際は束ねていたりもするので、もっと高速!

 

家庭向けでは速くても1Gbps、世界最速を謳っている「Nuro光り」でも2Gbpsなので、すさまじさがわかりますね。

 

おわりに

有線LANと無線LANのメリットデメリットが少しでもお分かりいただけたかと思います。

大容量のデータをダウンロードすることが多い場合は有線LAN、配線などをできるだけしたくない場合は無線LANを選べばOKです。

 

ネットワークの構築方法などは下記の記事

 

リモートデスクトップ接続をやってみたい!かた向けの記事

 

シンクラ端末しても使えるタブレットPC

 

リモート接続に相性ピッタリのポケットWi-Fi

 

 

参考になれば幸いです。

一人暮らしの強い味方!人気のWiMAX記事まとめ

 

一人暮らしの人に選ばれている大人気のWiMAX。でも、どこのプロバイダーが良いのか、どんなモバイルルーターを選べば良いのか戸惑いますよね。

契約プランもたくさんあったりしますし。

 

そこで、当ブログで紹介してきたWiMAX関連の記事を「大全」という形でまとめました。

 

一人暮らしの人に今大人気のWiMAX、ぜひご参考になさってみてください。

一人暮らしの強い味方
コレを見ればもう安心!WiMAX契約の際の不安を吹き飛ばす【WiMAX大全】

続きを見る

 

 

こんなに便利。3000万回線契約されているWiMAX!あなたはまさか損していませんよね?

タブレットやノートパソコンはインターネットに接続することができるってご存知ですか?

スタバなどのカフェで使えることは知っていても、場所を気にせずどこでもインターネットを使うことができるってことまではほとんど知られていません。

 

これって驚きですよね!

 

あなたはこんなことでモヤモヤとした気分になったことありませんか?

  • 仕事で自宅に帰れない。でもみたい動画があってなかなか見れずストレスが…。
  • スポーツを生観戦したいけど、スマホだと通信制限が気になって…。
  • 車の渋滞中・移動中の退屈しのぎに動画を家族に見せたいけど、通信制限が気になる…。

 

現代人はとても忙しいです。

動画はそんな忙しいあなたにとって手軽に情報を得ることができる近年重要視されているコンテンツです。

ですが、動画はデータが大きいのでスマホやタブレットはすぐに通信量がなくなってしまいますよね。

 

動画は便利で楽しいコンテンツである反面、スマホで思う存分動画を楽しむには敷居が高すぎます。

 

そこで注目されているのが、WiMAXを利用したモバイルルーターです。

モバイルルーターを利用すれば、家はもちろん、外でもインターネットが使えます。

最大の特長は、スマホのような厳しすぎる通信制限がありません。

 

想像してみてください。

 

あなたはモバイルルーターを契約したことで、、、

  • 好きな動画を仕事の合間に楽しむことができる
  • 大好きなスポーツ観戦がリアルタイムでどこでも観ることができる
  • 渋滞中の車内でも子供にアニメを見せることができる
  • 彼女と身を寄せ合ってひとつのスマホで動画を見る

 

楽しいことしか思い浮かびません。

 

「あ~あの動画見たいのに結局観れなかったなー・・。」といった何で自分だけこんな目に・・・といった悲しい気持ちになる必要もなくなります。

 

WiMAXのモバイルルーターは3000万回線が契約されています。

 

はや
わたしもWiMAX利用者のひとりです。

 

ちなみに契約した理由は、ストレスなく動画を見たかったから。

 

家族で外出することが多く移動中なので、どうしても子供が移動中飽きてしまうことが多いんですよね。

そこではじめはスマホで動画を見せていましたが、これが毎月サクッと通信制限に引っかかるんですよね。

 

もうストレスMAXでした。

 

ですが、WiMAXを契約してからは通信量を気にするストレスから開放されて、ここぞと言うとき躊躇せず動画を見せることができています。

 

はや
見せ過ぎにはもちろん注意しています。

 

動画コンテンツが増えてきた今、あなたは通信量を我慢するあまり有益な情報を見逃している可能性があります。

これってすごくもったいないことです。

 

でも、いきなり契約は・・・と、お考えかと思います。

わたしが6年間使用したWiMAXのモバイルルーターの使用感を記事にしましたので、まずはご覧になってみてください。

 

\ 上手なWiMAX選び /

GMO WiMAX公式はこちら

※ベスト・オブ・WiMAX

 

関連コンテンツ

\ あんなメモやこんなメモも!? /
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村
 

\ 応援お願いします! /

-INTERNET
-, , ,

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2020 All Rights Reserved.