レビュー(ガジェット)

SONY製の有線イヤホンとワイヤレスイヤホンをマニアが【比較】

 

相談者
SONY製のイヤホンを購入しようとしているんだけど、有線イヤホンかワイヤレスイヤホンかで迷っている。

 

こんな疑問にお答えします。

 

結論を言ってしまうと「一度ワイヤレスの便利さをしってしまうともう有線イヤホンには戻れない」です。ケーブルが長いと煩わしいですし、満員電車では何かに引っかかってしまうなどありますが、そういったわずらわしさからも解放されます。

 

通勤・通学・カフェ…などなど。

イヤホンを使うシーンはたくさんあります。

 

これからイヤホンの購入を検討されている人もいると思います。

 

本記事では、SONY製イヤホンを買うなら有線イヤホン?ワイヤレスイヤホン?どっちが良いの?という人にピッタリの記事なります。

 

有線イヤホンとワイヤレスイヤホンどちらが良いか

結論ですが、ワイヤレスイヤホンがおすすめです!

 

理由を箇条書きにします。

  • 音質も問題なし
  • Bluetooth接続が切れることがほとんどない
  • ケーブルのわずらわしさがない

 

ワイヤレスイヤホン登場しだした頃は音質がそれほど良くありませんでした。

ですが、2019年に登場したSONYの「WF-1000XM3」はノイズキャンセリング機能がついた上音質も大満足のワイヤレスイヤホンです。

 

さらに手軽でケーブルのわずらわしさもなく、個人的にすごく気にいっている製品です。

 

続いて、有線イヤホンとワイヤレスイヤホンについて詳しく比較します。

 

音質

現在使用している有線イヤホンは、低音から高音まで音源そのままの音を再生してくれます。

ワイヤレスイヤホンの「WF-1000XM3」についても満足のいく音質になっており、音質で選ぶには難しいぐらいになってきています。

 

使い勝手

有線イヤホンは、ワイヤレスイヤホンにはないデメリットがあります。

  • ケーブルが絡む
  • 端子部分が壊れると使えない

 

一方、ワイヤレスイヤホンは、有線イヤホンにはないデメリットがあります。

  • 電池が切れると使えない
  • 紛失するリスクが高い

 

使い勝手にはどちらかにはないデメリットがあります。

 

これらを考慮してイヤホンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

はや
とはいえ、迷ったらわたしはワイヤレスイヤホンを推します!

 

ワイヤレスイヤホンの決定的な弱点

 

さて、わたしはワイヤレスイヤホンを推していますが、どうしても弱点があります。

これが納得できない場合、あなたはワイヤレスイヤホンはまだ使うべきではありません。

 

 

有線では、音声をそのままケーブルを伝わってイヤホンへ伝えますが、ワイヤレスイヤホンはそうは行きません。

 

ワイヤレスイヤホンで音を聞くには、本体側でデータを圧縮し、電波を飛ばします。

そして、イヤホン側では、受信したデーターを解凍し、音を再生するという動きが必ず発生します。

 

画像と音声がずれる「遅延」です。

 

なぜ遅延が問題か

ワイヤレスイヤホンでは、遅延は避けられません。

 

音楽を聴く

音楽を聴きながら通勤通学、スポーツをする場合、特に遅延は気なりません。音楽さえきちんと聴くことが出来ればOKです。

 

動画視聴

Youtubeなど、動画視聴する際、有線イヤホンであれば、特に気にするものはありません。

 

ですが、ワイヤレスイヤホンを使って動画視聴する際、動画と映像は別々に処理されます。

 

映像はスマホ本体ですぐに動画を視聴することができますが、音声は圧縮され、Bluetoothで電波としてイヤホンへ送信、イヤホンで音声データの解凍、再生となります。

 

そのため遅延は必然です。

 

といっても、ストレスになるような遅延ではなく、注意深く聞いていなければ「遅延」しているかわからない程度です。

 

ゲーム

これも動画視聴の項目で解説したことと同様です。

アクションゲームなど俊敏な動きのゲームは音と画面がマッチせずストレスに感じてしまうかもしれません。

 

ワイヤレスイヤホンの遅延を克服する方法ってあるの?

 

となると、この遅延さえなくなれば、ワイヤレスイヤホンも快適に使うことがきますね。

 

データ圧縮方法を調べていたらあることがわかりました。

 

Bluetoothコーデック

音声はただ圧縮されるわけではありません。

音質を重視した圧縮方法、圧縮率を重視した方法さまざまです。

なかでも注目されているコーデックがaptX HDです。

 

aptX HD

ざっくりいうと、ハイレゾ音源も余裕に処理することが可能なコーデックでさらに低遅延を実現しているコーデックです。

 

同等のコーデックにソニーが独自開発したLDACというものもありますが、これはXperia製品のみの対応でした。

 

しかし、Android 8.0以降では標準搭載されているため、Android 8.0ユーザーの方は一度確認してみるとよいでしょう。

 

確認方法は、「開発者向けオプション」の「ネットワーク」という項目にあります。

 

ここで、下図が示しているように「LDAC」の項目があればLDACにも対応していることになります。

 

aptX HDとLDACに対応しているかどうか

Android 8.0では両コーデックに対応していることがわかりました。

あとは、冒頭で紹介したワイヤレスイヤホンがこれらに対応していれば買い!なのですが、残念ながらどちらも対応はしていません・・・。

 

WF1000-X、Xperia Ear Duoが対応しているコーデックはともに「SBC, AAC」ということがわかりました。

SBCはBluetoothを搭載している機器では必ず対応しています。

ちなみにAACはSBCよりも高音質です。iPhoneでも対応しているコーデックです。

 

有線イヤホンとワイヤレスイヤホンは現状ワイヤレスイヤホンがおすすめ(まとめ)

 

今回購入を検討していたイヤホンをいろいろ調べていくと、下記のことがわかりました。

ワイヤレスイヤホンの遅延に納得できればこれほど使い勝手のいいイヤホンはない

 

遅延は音質をあきらめれば限りなくゼロに近づけることができますが、あまり意味はないと思います。

 

普段使いをお考えであれば断然ワイヤレスイヤホンを推します。

 

はや
世界が変わります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • IT知識全般のカテゴリー記事をもっと見る

 

関連記事を見る

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

クレジットカードをお持ちでないあなたもAmazonチャージならお買い物ができるんです。

スペース

あなたはまだ掘り出し物をあきらめますか?

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

-レビュー(ガジェット)

© 2020 HAYAMIZ BLOG Powered by AFFINGER5