ダイエットやIT系の悩みならドンとお任せ!かゆいところに手が届く異色のハイブリッドブログ

HAYAMIZ BLOG

WordPress

ブログで収入やアクセス(PV)数を増やしたいなら、文章の書き方から見直す

更新日:

ブログを始める人の中には、「副業」目的の方も多いでしょう。

 

しかし、いざ始めてみたは良いものの・・。

 

これ読みづらいな・・。伝わっていないかも・・。

そんな記事がたくさんあります。伝えるって難しいですね。

 

今回は自分の勉強の意味もこめて文章を書くときの注意点についてまとめてみました。

 

わたし自身、技術文章を執筆する仕事をしていますが、これじゃ伝わらないといつも上司からコメントが入ります。

そしてそんな上司もマネージャーなどからコメント。マネージャーもまた・・。

 

はじめての人が読んでもわかる文章って難しいです。

 

この記事ではわかること

  • 言葉に自信を持つだけでPV数アップ
  • 起承転結をわかりやすくするだけで、収益アップ
  • 文章の書き方

 

その文章に自信を持っていますか?

 

よく書いてしまう文章に・・

~~でしょう。

~~のようです。

~~だった気がします。

 

一見、なんのことはない言葉ですが、これらは「曖昧」さを出しています。

もっと言うと自信がない文章です。

 

読者は自然とこういった言葉からは信頼(納得)を得ません。

信頼できない文章なので、次のブログへ検索しに行きます。(離脱率アップ)

 

 

ですので、私は最低限自信をもって言い切るようにしています。

 

~~です。

~~できます。

~~より、確実です。

 

言い切ることで、読者は「なるほど!」となり、続きが気になります。

 

はや
ぜひ、言葉に自信を持つように意識して記事を作成してみてください。

 

起承転結を意識する

わたし自身技術職なので、今回は新製品を機能紹介を書くときを例にします。

 

技術文章で考えると・・

「機能の紹介」「設定方法」「動作の確認」「まとめ」

 

こんな感じでしょうか。

 

ひとつひとつの文章はできるだけ短く

文章を書く際、つい書きたいことがたくさんあってバーっと書いてしまうことありますよね。

でも、その文章は読みやすいでしょうか。

 

一文はできるだけ短めに書くと良いとわたしは思います。

 

下記の二つの文章を比べてみてください。

Before

先日、○○の製品について△△のソフトウェアがバージョンアップされ、新機能が追加、この機能は□□ではできなかったことが簡単にできるようになり設定方法をまとめましたので紹介します。

After

先日、○○の製品について△△のソフトウェアがバージョンアップされました。

このバージョンアップでは、□□ではできなかったことが簡単にできるようなります。

今回は、□□の設定方法についてまとめたので紹介します。

 

どうでしょうか。

 

Beforeの文章では一気に説明しているので、若干読者に考えさせてしまうような文章です。

Afterの文章では、項目を3つに分け、言いたいことをひとつずつ言い切るようにしています。

 

こうすることで、伝えたいことがより、伝わりやすくなるのだと思います。

 

代名詞はできるだけ避ける

「あれ」「これ」「それ」「彼」「彼女」などは代名詞を指しますよね。

 

文書で伝える場合、これらの代名詞が多くなってしまうと伝わりにくくなってしまうことがあります。

 

例えば・・・

冗長機能の設定方法とセキュリティ機能の設定方法は個別に行う必要があります。この機能の設定方法についてまとめます。

 

上記の例では一見文章もスッキリしていますが、「この機能」があいまいになっています。

 

「これらの機能」となっていれば両方の機能の設定方法の紹介なんだ!とわかりますが、「この機能」となっていると、冗長機能の設定方法なのか、セキュリティ機能の設定方法なのか、明確ではありません。

読む人によっては冗長機能の紹介か!とも思うし、セキュリティ機能の設定方法ね!とどちらに解釈してしまう可能性があります。

 

そのため、下記のように書くとよいでしょう。

 

修正後

冗長機能の設定方法とセキュリティ機能の設定方法は個別に行う必要があります。セキュリティ機能の設定方法についてまとめます。

 

さきほどの「この機能」の部分を「セキュリティ機能」とすることで、明確に読み手に伝えることができます。

 

言葉の構成

言葉の構成にも注意が必要です。

 

「赤い大きな屋根の家」では家が赤いのか、屋根が赤いのか一瞬「?」です。

さらに、屋根が大きいのか家が大きいのかもあいまいです。

 

なので、できるだけ「修飾語と被修飾語」を近くに置くようにします。と、あたり前なのですが、文章がながくなったりすると気づかず離れていたりするものです。

大きな屋根の赤い家

赤い屋根の大きな家

修飾語がどちらの単語につくかで印象がこうも変わります。

 

なので、「赤い大きな屋根の家」も解釈する人によってはどちらにも解釈してしまうことも考えられます。

 

まとめ

文章の書き方についてまとめました。

 

基本はやはり、読み手の側の気持ちになって書いた文章を読み直すことです。

書いた本人は知っていることですが、読み手はすべてが未知であるということを意識するだけで、文章の書き方はおのずと変わってくるとおもいます。

 

最後に、私が文章を書く際に特に参考にした書物を紹介します。

これらのおかげで、ライティングスキルが大幅にアップしました。

 

4冊ほどピックアップします。

 

参考になれば幸いです。

 

どうしてもアフィリエイトで成果が出ない・・・

ブログでアフィリエイトを始めていくと以下の壁にぶつかります。

 

その壁とは・・・

  • 「売れる商品」「売れない商品」の違いがわからない
  • 「ヒットする広告」「失敗に終わる広告」の違いがわからない
  • 「ライバル」の商品が売れて「自分」の商品が売れない理由がわからない
  • そもそも「反応の取れる広告」ってなんなのかがわからない

 

上記の壁にぶつかったとき、こちらの「現代広告の心理技術101」が重要な役割を果たしてくれます。

この本は「どうすれば読者は行動を起こすのか?」といった行動心理を徹底的に解明した本です。

 

記事の執筆方法に変化がでました

メルマガやアフィリエイト、リスティングなどのネット広告に限らず、ダイレクトメールや雑誌広告などの広告に至るまで、文章で商品を販売する人間にとって読者「何を考えて」「どう行動するのか」といったことを知ることは非常に重要です。

 

広告を見た見込客が「何に反応」して「どういうアクションを起こす」のかという「広告の心理学」を知ることで、とても簡単に商品を売ることができるようになります。

 

  • 有効な広告、パンフレット、セールスレター、ウェブサイトの作り方
  • あなたの言葉を信じさせる方法
  • 人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
  • 「魔法のような」記事の導入部分を書くコツ
  • 絶対にやってはいけないこと

参考 現代広告の心理技術101をもう少し詳しく見てみる。

 

あわせて読みたい

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

クレジットカードをお持ちでないあなたもAmazonチャージならお買い物ができるんです。

しかも、チャージするほどポイントが貯まり、お得にお買い物できちゃいます。

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

-WordPress

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.