仕事の上下関係の悩み。上司は部下のパシリとなれ!

参考になりましたら是非「シェア」お願いします!

4月は生活が一変しますね。

新入生・新入社員、いろいろいます。

会社や学校の先生も新生活になる人も多いでしょう。

特に会社では昇進した!はよくあることです。

今回は昇進したときに出てくる悩み「上下関係」についての紹介です。

※個人的な経験談ですが、どうぞお付き合いください。

昇進した

おめでとうございます。

部下を持つようになってとまどいますよね。

・個人の能力を見極め、適切な仕事を割り振る

・部下が出来なかったときのフォロー

・部下が失敗してしまったときのフォロー

下から二つは似ていますが、意味は違います。

出来なかった場合、上司であるあなたが部下の手伝いをする、ということです。

失敗してしまったときは、部下に責任を押し付けるのではなく、あなたが責任をとる。

失敗してしまった場合の部下への対応ひとつで、今後の人間関係が大きく変わることを肝に銘じておきましょう。

部下が出来ない場合のフォロー

上司となったあなたは部下へ仕事を割り当てます。当然すんなり出来る部下もいればできない部下もいます。

出来ないことに罪悪感を覚え、なかなか相談できない部下もいるでしょう。

そういった部下一人ひとりの感情を読み取ってうまくフォローできると自然と信頼される上司になると思います。

私は、部下に仕事を割り振るとき、普段からの仕事状況を見極めてなにかにハマっていそうな感じであれば、こちらから声をかけます。

なんで相談しないんだよ!って言う人もいるでしょうが、あなたが割り振った以上、責任はあなたにあります。

上司は偉いから上司ではないのです。

偉ぶっている勘違いおじさんは多数いますが、ひとつの仕事を成功させるには、上司も部下もありません。

部下よりも長年経験を積んでいるはずなので、フォローできるぐらいの余裕は持っているはずです。

ちなみに、忙しいアピールはやめましょう(笑)本当に忙しい人は忙しいとアピールする暇がありませんから。

上司は部下のパシリになる!くらいの気持ちで部下に接するとよいでしょう。

部下が仕事で失敗したときのフォロー

新人社員を部下に持つとはじめは失敗することも多いと思います。

ここで、お前が失敗したんだからお前が謝って来い!では、今後良い関係は保てないでしょう。

あえて、上司であるあなたが「お前は悪くない。俺が謝ってくるよ」ぐらいな感じが、今後の関係を良いものに出来ると確信しています。

これを実践すると、部下も「自分のミスで・・・」という気持ちがあれば、失敗した経験をうまく生かし、成功する確率がどんどん上がっていきます。

スポンサーリンク

絶対やってはダメなこと

失敗したとき、みんなのいる前で怒る人を見かけます。

あれは、本人が萎縮してしまうだけで、効果ゼロです。あなたとの距離を置くことばかりを考えるようになるでしょう。

俺は「出来る上司だ感」をだしてるおじさんや、体育会系のにいちゃんがこの類に入る確立が高いですが、自分が苦労するだけなのでやめましょう。

注意する場合は、メールで注意をするか、人目の付かないところでコーヒーでもおごりながら、「次は気をつけろよ!」的な感じがオススメです。

本人は失敗したことに気が付いていれば、次から改善されます。

さいごに

冒頭でも書きましたが、今回紹介した2点はどれも私が経験・または実践している内容です。

パシリになることで、部下は上司を信頼するようになります。

上司も部下の能力を深く知ることができるようになり、さらに良い仕事ができるようになること間違いありません。

上司は部下のパシリになれ!

・・・パシリといっても、全力でフォローする!という意味ですので、そこは間違いなく。

ジュースかってこい!とか、本当のパシリにはならないでください。

参考になれば幸いです。

千葉県在住のはやと申します。
職業がら執筆業務を主としており、文章の作成には興味がありました。私は色々なかたから、技術的なことを教わり今に至ります。そういった感謝の意味もこめて本ブログでは「痒いところに手が届く」をモットーに、何か皆さまの手助けになればと思い、日々精進しております。

この記事が気に入りましたら
いいね ! お願いします。

Twitter で
トップへ戻る