WordPress エックスサーバー

失敗しない!Xdomainからエックスサーバーへ移行する方法

更新日:

Xdomain(エックスドメイン)という無料サーバーへ登録し、「Wordpress」デビューしましたが、今回は「投資」という意味をこめて有料サーバーである「XSERVER(エックスサーバー)」へ移行しましたので、手順を公開します。

移行というと難しいイメージがありますが、やること自体はとても簡単です。

参考

今回は独自ドメイン運用での移行手順を紹介しています。

 

なお、独自ドメインを使用していない場合の移行手順は相当の手間がかかり、最悪は完全移行はできません。

初心者の方は不可能に近いです。

 

はや
わたしは移行に失敗しています・・・。

 

本格運用を目指す方はぜひとも独自ドメイン(お名前.com)独自ドメイン(お名前.com)の取得をおすすめします。

また、今後を見据えて有料サーバーで始めると初動の段階でとても有利にブログ運営をすることも可能です。

CHECK
エックスサーバーならワードプレスのインストールからブログ開始までが簡単

ワードプレスでブログをはじめるぞ!と行動力のあるあなたはすでに行動を起こしていると思います。 ただ、レンタルサーバーは無料か有料か、どこのレ ...

続きを見る

 

 

移行にプラグインなど一切不要

ワードプレス(WordPress)では、さまざまなバックアッププラグインが提供されていますが、なんだか中途半端な感じが否めませんでした。

 

バックアップはたしかに行われますが・・・

「復元って簡単なの?」

「移行先のドメインが変わるけど復元できる?」

「復元手順が曖昧・・」

「データベースの復元も簡単なのかなぁ・・」

 

と、なんとなく復元(リストア)についてとても弱い印象でした。

なので、プラグインは頼らずFTPクライアントソフトを主に移行を実施しました。

 

バックアップ手順

まず、移行前(現在使っているサーバー(Xdomain))のデーターをFTPでPCへダウンロードします。

XdomainのFTP設定手順などはご自身のアカウントでログイン後、Wordpress管理パネルの「各種管理設定」の項目で確認できます。

 

FTPサーバーへFTPクライアントソフトを使用して、Xdomainのサーバーへログインします。

下図はFilezillaというFTPクライアントソフトを使用しています。

赤色の図が示すように「**.wp.xdomain.ne.jp/」のファイルの中身が確認できるので、「..フォルダ」以下全部をお使いのPCへダウンロードします。

 

わたしの場合はデスクトップにフォルダーをつくり、そこへ全部ダウンロードしました。

ダウンロード完了後、データベースをバックアップします。

データベースのバックアップはWordpress管理パネルの「各種管理設定」のデータベース管理の「データベースのバックアップ」にて簡単に行えます。

 

「データベースのバックアップ」をクリックすると、エクスポートやインポートといった項目がさらに現れますが、今回はバックアップですので、エクスポートをクリックします。

エクスポートは出力などといった言葉を示し、インポートは入力などの意味を示します。

もっと詳しく

さらにファイル形式を聞かれますが、「.sql」で構いません。

 

これで、バックアップ作業は完了です。

 

エックスサーバーへ移行

続いて移行作業へ入ります。移行作業はバックアップの逆の手順を行います。

 

事前準備

エックスサーバーにて下記の設定を済ませておきます。

  • 独自ドメインの設定
  • データベースの作成
独自ドメインの設定

下図のように新たにドメインを追加します。

 

データベースの作成

「データベース」項目の「MySQL設定」クリックします。
※左側の項目下のほうにあります。

 

移行作業開始

アップロード

ご自身で作られたエックスサーバーのアカウントでログイン後、FTP情報を確認し、エックスサーバーのFTPサーバーへログインします。

そして、「Public_html」へ移動し、index.htmlや画像ファイルなどは削除しておきます。そして、FTPでダウンロードしたファイルの中身をこのフォルダーへすべてアップロードします。

 

データベースのアップロード

データベースの項目から「phpmyadmin(MySQL5.7)」をクリックします。下図の画面が表示されるので、その際作成したデータベース名が表示されている(はず)なので、作成したデータベース名をクリックし、「インポート」をクリックします。

 

インポートするファイルは先ほど、データベースのバックアップでエクスポートした「.sql」です。

エラー表示なく無事インポートが完了すると、色々と項目がでてくるかと思います。

 

はや
これで移行作業は、「ほぼ完了」です。
まだ何か必要なのね。
あきちゃん
はや
うん。少し、ファイルに手を加える必要があるんだよ。
なるほど!ファイルを移動しただけじゃだめなのね。
あきちゃん

 

public_htmlフォルダにwp-config.phpファイルがありますので、手を加えます。

 

このファイルはデータベースの参照方法などが記述されたphpファイルで、データベースの参照情報を書き換える必要があります。以下の項目を書き直してください。下記の青枠の赤字部分。

 

ココに注意

wp-config.phpは重要ファイルなので、書き換える際はバックアップを取り、万一に備えてください。

 

修正箇所

名前説明
define('DB_NAME', '作成したデータベース名');/** MySQL データベース名 */
define('DB_USER', 'データベースへアクセスするユーザー名');/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_PASSWORD', 'ユーザー作成時に設定したパスワード');/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_HOST', 'XSERVERのMySQLホスト名');/** MySQL のホスト名 */

 

DNS参照先の変更

最後に独自ドメインのDNS参照先をエックスサーバーのものへ書き換えます。設定方法はお使いになっているドメインサービス(お名前.comなど)をご確認ください。

DNSサーバーの設定変更が完了するまでには時間がかかります。切り替わったかを確認する方法はお使いのドメインへPINGを送信する方法があります。

PCの「コマンドプロンプト」を開き、下記のように打ちます。

 

ping

ping hayamizbg.net

すると、IPアドレスがわかりますので、続けて下記(一例ですので、お使いの環境で変わります)を入力します。

 

tracert

tracert 157.112.147.7

 

するとドメイン名が表示されますので、ここがエックスサーバーのものになればDNSサーバーの参照先が切り替わったことが確認できます。

一連のPINGの確認は下図のようになります。ちなみにまだ参照先が完了していないので、まだXdomainのままです。

 

注意事項とサーバー選びの重要性

キャッシュ系のプラグイン(wp super cacheなど)を使用している場合、DNS参照先もエックスサーバーへ切り替わると、phpエラーが表示されることがあります。

 

はや
おそらくキャッシュプラグインを使用している場合、100%とエラーが出ると思います。
えー!対処法はないの?!
あきちゃん
はや
大丈夫!下記にもあるけどプラグインを「無効化」し、「削除」、「再設定」するだけ。
よかった!これで移行もバッチリだね!
あきちゃん

 

原因は突き詰めていませんが、キャッシュプラグインを(wp super cache)を無効化、削除し、再度プラグインをインストールすることで解決できます。

 

参考になれば幸いです。

関連記事一覧

厳選!どんなサイト運営も思いのまま

エックスサーバー

アフィリエイトで稼ぎたい!お考えであればエックスサーバーが超おすすめ!200GBの大容量で複数サイト運営が可能です。サポートも充実しており初心者でも安心です。エックスサーバーの新機能「Xアクセラレータ」はサイト離脱率の軽減・PV数のアップに大きく貢献します。ただいま、サービス開始15周年キャンペーン実施中。

ミックスホスト

エックスサーバーに続きこちらもおすすめのレンタルサーバーです。ミックスホスト最大の特徴は「ジャンル」を問わない運営が可能!あなたが思い描いているサイトを自由自在に構築することが可能です。初期費用も無料で初期投資の負担も小さくサイト立ち上げができます。

-WordPress, エックスサーバー

Copyright© HAYAMIZ Blog , 2018 All Rights Reserved.