レンタルサーバー

【暴露】エックスサーバーの評判って悪いの?

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

この記事はエックスサーバーの評判と本当に評判って悪いのかお話しています。

 

まずエックスサーバーの評判が悪いかどうかですが、評判は決して悪いことはありません。利用者数が物語っているように国内最多のユーザー数を誇っている人気のレンタルサーバーです。

 

じゃあ、なんで評判が悪いことなんてないと言い切れるか。

 

あなたは何か商品を購入して予想以上に満足だった場合、わざわざSNSなどでこの商品とても良かった!って言いますか?

 

ツイッターが好きな人は言うよ!って人はいると思いますが大体は「言わない」はずです。

 

ですが、逆はどうでしょうか…。

 

人は何か商品を買って損をした場合、「なんで自分だけがこんな目にあったんだけど…」と誰かに怒りをぶつけないと怒りは落ち着きませんよね。

普段ツイッターなどはつぶやくことはなくただフォローしているツイートを読むぐらいの人でも怒りをツイートする人は多いはず。

 

そして、人はとにかく損をしたくないので、悪い評判を探して本当に買っても(契約しても)大丈夫なんだろうかと「悪い」ところを探します。

 

もちろん納得ができる「悪い部分」であれば購入しますよね。買ってから損をするより許容できる損であれば買ってからも損したとは思わないからです。

 

この記事ではエックスサーバーの「良いところ」「悪いところ」その「理由」についてすべてお話します。

 

エックスサーバーで損する部分を把握しておくこくことでこれから始まるあなたのブログ運営がとても良いものに変りますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

エックスサーバーの評判

ここでは実際にエックスサーバーを利用している人の評判を書いています。

 

エックスサーバーの評判は上々

 

ユニークな口コミも(笑)

 

本質を突く口コミ(3つ)

 

安すぎるサーバーも不安ですね…

 

WordPressクイックスタートは想像以上の便利さ

 

初心者は少し難しいかも…?

 

エックスサーバー評判:まとめ

総評として、エックスサーバーを選んで失敗した…という「選んで損した」と言った悪い評判は見当たりませんでした。

 

驚いたことはサポートに関する悪い口コミが見られなかったという点。レンタルサーバーという性質上、とてもシステムが複雑でパソコンが苦手な人や操作が分からないという人も多いはず。それにも関わらずサポートに関する悪い評判はなし。

 

WordPressでブログを作る点で重要なことは「みんなが選んでいるサーバーを選ぶ」ということ。月額料金の安さにつられてあまり有名でないサーバーを契約してしまうと万一のとき「検索しても解決策が見つからず自分で解決する羽目に」なります。頼りのサポートも対応が悪い…安いサーバーにありがちです。

 

安物買いの銭失いにならないためにもみんなが使っているレンタルサーバーを選ぶことはとても重要です。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

エックスサーバーのデメリット(悪い部分)は2つだけ

エックスサーバーの2つのデメリットについてお話します。

  • 初期費用が高い
  • プラン変更に時間がかかる

 

初期費用が高い

エックスサーバーでは申し込み時にのみ3,300円の初期費用が発生します。

 

他社サーバーでは初期費用が無料のところもあり、値段で他社を選ぶという人も少なくありません。

 

初期費用が高いという理由だけでエックスサーバーを避ける人が多い印象ですね。

 

理由については「エックスサーバーが高い理由」という項目で説明しています。
はや

 

なお、他社サーバーでは一般的に値段に応じたサーバー性能になっていることが多いです。料金が安ければ性能が低く、料金が高ければ高性能といった感じです。

 

エックスサーバーには料金による性能差がない点が大きなメリットでもあります。ディスク容量にのみ差がありますが、これとブログの表示速度への影響はなし。

 

こういったサーバー性能を維持するためにエックスサーバーでは料金が少し高めに設定されています。

 

理由がわかれば初期費用の見方もかわってきますよね?

 

プラン変更に時間がかかる

下位プランへの変更、上位プランへの変更どちらも当月20日までに申請を行い翌月1日からの変更となります。

6/20にプラン変更を申請すれば7/1からプラン変更できます。

 

「容量が少なくなってきてブログ更新が困難になった…!上位プランに変更しよう!」と思っても20日を超えてしまうと翌々月になってしまいますので、気を付けたいですね。

6/21にプラン変更を申請すると8/1から…。

 

最短で10日はかかるので写真や動画を多用するブログやサイトの運営をお考えであればディスク容量に気を付けておきましょう。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

 

エックスサーバーのメリットは12個

 

ここでは、エックスサーバーのメリットについてお話します。

 

サーバーに特化した企業である

エックスサーバーはサーバー事業に特化した企業です。

 

個人向けのレンタルサーバーから企業向けのハイパフォーマンスなレンタルサーバーまで幅広く扱っています。

 

老舗ほどその道に関するノウハウはすさまじい量になります。

 

サーバー速度が速い

 

図の通り圧倒的な速さです。

 

サーバーに使用されている部品について説明します。

 

速いと言われる理由がわかりますよ。
はや

 

CPU

 

サーバーのCPU(中央演算処理装置)はAMD EPYCが使われています。

 

AMD EPYCは「クラウドコンピューティング」「データベース」「分析」「仮想化」「HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)」に広く活用されているとんでもなく高性能なCPUで、エックスサーバーではAMD EPYCをごく当たり前のように使用しています。

 

かなりかみ砕いて説明しましたがまだよくわからないかもしれません。
はや

 

ようするに「処理能力を最も必要とする技術に必要なCPUをブログ運用のために贅沢に使っている」ので、ブログの応答速度が速いということです。

 

NVMe

 

エックスサーバーではNVMeの使用を全面に押し出していますがこれまた何がすごいのかわかりませんよね…。

 

ですので、少し説明します。

 

NVMeとは「Non-Volatile Memory Express」の略称であり、SSDなどのストレージのために最適化されたプロトコルです。

 

なにが言いたいかと言うとデータ転送処理能力がハンパなく速いということです。
はや

 

この技術(機能)は、膨大なデータの転送や処理に必要なAIや機械学習向けのストレージに活用されることが多いです。

 

そんなNVMeをブログ運用のために惜しみなく使っているため、データ処理がとても速いことがわかります。

 

さらにRAID10という機能でサーバー内のディスクの高速化と二重化を実現しているので、ディスクに障害が発生してもデータが壊れることなくかつサーバーが停止することもないので安全性にも優れています。

 

簡単にまとめると「超ハイテクな部品をどんどんサーバーに取り入れているので安心で高速なサーバーでみんながハッピー」ということです。

 

エックスアクセラレーター(XACCELERATOR Ver2)

 

実際サーバーが速いといってもサーバー内部での話であり、事実、ブログ運用者が「うお!速いぞこれ!」ということは正直わかりません。

 

ですがエックスアクセラレーターでは、PHPやWordPressの処理速度が向上するので、体感することができます。

 

実際、価格の安いサーバーで運用していたブログをエックスサーバーへ移転したときはブログの表示速度、WordPressの管理画面の表示の速さに驚きました。
はや

 

逆を言うと、エックスサーバーから他社へ移転をすると体感スピードが遅くなることになります。

 

ブログを移転する場合はよほどの理由がない限り「私のような物好き」が行うぐらいなので、エックスサーバーを選んでおけば損をすることは限りなくゼロになります。

 

サーバーパネルがトップレベルで使いやすい

 

最初は単語が多く並んでいるだけに見えるので見づらく感じるかもしれません。

 

エックスサーバーのサーバーパネルはWordPressブログ運用で必要な機能のみを扱っています。

 

ですが、他社が利用している汎用的なサーバーパネル(cPanel)ではWordPressブログ運用では使わない機能などすべて見えてしまっていて初心者にはちょっと扱いづらいです。

 

cPanelはmixhostというレンタルサーバーの企業の公式サイトにてデモサイトが公開されていますのでエックスサーバーのサーバーパネル(上記の画面)と比較してみてください。

cPanelデモ(mixhost公式サイト)

 

エックスサーバーは独自開発のサーバーパネルを用意しています。

 

画面をスクロールすることなく、一画面で機能が見れる点と項目ごとに分かりやすく機能が並べられているので誰にでもすぐになじめる点が人気の理由のひとつになっています。

 

経験上サーバーパネルはシンプルで直感的に機能を探せるほうが断然便利なので、自分でも使えるか不安だなという人はむしろ使ってみてください。

 

正直すべての機能を使うわけではないので、すぐに慣れます。

 

無料SSLが使える

 

無料SSLが使える!って実はかなり嬉しいことなんです。
はや

 

今ではエックスサーバーを含めどこのレンタルサーバーでも無料でSSLを取り扱っていますが、個人レベルでサーバーを運営した場合、SSLを利用するためには月額数万円~はします。

 

SSLが実際になんなのかわからない場合もあると思うので少しお話すると「サーバーとパソコン(スマホ)の通信内容を暗号化する技術」です。

 

本来ブログを閲覧するだけなら暗号化なんて不要なんですが、今ではSSLを利用することで通信の暗号化はもちろん「速度と通信品質」が向上するんです。

 

Googleも利用を推奨していますので、無料でSSLが使えることは非常にラッキーです。
はや

 

エックスサーバーはSSL証明書の設定はブログの開設時に自動で設定してくれますので、「設定がわからないぞ…」と慌てふためく心配はゼロです。

 

独自ドメインが無料で作れる

ブログを運営するうえで絶対に作っておきたいのが独自ドメインです。

 

独自ドメインとは現実世界でいうところの住所に当たります。

 

現実世界では引っ越しをすると住所が変わってしまいますが、ドメインでは一度作っておくと変わることがありません。

 

ドメインを取得しておくもう1つの理由に、サーバー移転が考えられます。

 

各レンタルサーバー企業は独自ドメインを持っていなくても初期ドメインというもので運用が可能です。

 

ですが、この初期ドメインはレンタルサーバーを移転すると使えなくなります。

例えば「aa.company.com」という初期ドメインを使っていた場合、エックスサーバーへ移転するとなると、aa.company.comはエックスサーバーでは使えなくなります。

 

データベースやブログのシステムにはドメイン名を基に作り出されるものが多数あり一般人がこれを変更することはほぼ不可能です。

 

独自ドメインを作っておくとこんなメリットが

  • Googleに評価されやすい
  • オリジナリティがでやすい
  • 読者に認識されやすい

 

ドメインは独自性のあるものを作っておくことでブログの顔になり、Googleに評価されやすくなります。

 

デメリットは年間数百円から数千円ほどの更新料がかかりますが、エックスサーバーのドメイン永久無料キャンペーンを利用することで無料で独自ドメインが作れます。

 

ドメインはブログの運営を本気で考えているなら取得は必須なので、キャンペーンを狙えば永久に無料で使える点はとてもうれしいです。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

WordPressのインストールが簡単

WordPresのインストールはひと昔前ではかなり手間のかかるものでした。

 

実際これが理由でWordPressブログの運営をあきらめた人も多かったんです。

 

ですが今では契約情報の入力の合間にサクッと終わらせることができるようになりました。

 

エックスサーバーは難しい専門知識なしで独自ドメインの取得からWordPressブログの開設まで自動で出来てしまう見た目は難しそうですが超初心者向きなサーバーです。

 

ちなみに、エックスサーバーではWordPressクイックスタートという機能がこれに該当します。

 

エックスサーバーのWordPressクイックスタートについては下記の記事で詳しくお話していますので、ブログの作り方で不安を感じていましたらご参考にしてみて下さい。

【簡単】エックスサーバーWordPressクイックスタートのやり方

続きを見る

 

自動バックアップ機能・復元機能付き

 

エックスサーバーでは、ブログのデータを1日1回自動でバックアップしてくれます。

 

正確には7日ですがほかはそのとおりで、手動でのバックアップや復元はワンクリックで行ことができます。

 

追加プラグインなどでブログが遅くなるような心配は皆無なので、こういう機能は大変うれしいです。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

ハイレベルのエンジニアによるサポート

 

24時間365日対応(メールサポートでも24時間以内に回答)してくれます。

 

こんな口コミが

 

私もSSL証明書の更新に失敗したとき、的確なアドバイスをもらえた時は同じエンジニアとして感動しました。
はや

 

親切丁寧に対応してくれますので、サポートを重視している場合、エックスサーバーを選べば安心が手に入ります。サポートに対する悪い口コミが相次ぐ中、エックスサーバーのサポートはあなたが想像している3倍以上の安心感があります。

 

頻度は少ないがサーバー性能の強化が図られる

サーバー業界では常に技術開発が行われどんどん高性能になっています。

 

最先端設備を設営するには莫大な額のお金が必要になりサーバー運営に特化している企業でない限りなかなか難しいです。

 

エックスサーバーでは、数年に一度サーバーの更新が行われています。

 

私がブログを運営してからはまだ一度しかありませんが、今後もこういったことはあります。

サーバー、ネットワーク保守部品のサポートサイクルは短いため最新機器の導入をしていくことになるから

 

最先端設備のサーバーを利用できるレンタルサーバーは他ではなかなかないので、かなり貴重です。
はや

 

バックボーンがものすごく高速(1.39Tbps)

実はバックボーンの転送速度について明記している企業はエックスサーバーぐらいです。

 

その速度はなんと1.39Tbps。

 

高速インターネットで有名なNURO光は2Gbpsです。

 

同じ単位で比べてみると、

  • 1390Gbps(エックスサーバー内)
  • 2Gbps(NURO光)

 

エックスサーバーのバックボーンの通信速度はNURO光の695倍です。

 

バックボーンの転送速度はサーバーの性能と同等に非常に重要なキーワードです。

 

エックスサーバーのバックボーンについては下記の記事で詳しく説明しています。

サーバーのバックボーンって何?エックスサーバーがおすすめの理由

続きを見る

 

バックボーンとはサーバー間の通信、インターネットへ出ていくためのネットワーク回線を指しています。

 

サーバーを収容しているビルには多数のサーバーがバックボーンを通じて接続されており、バックボーンが弱いといくらサーバー性能が最先端であってもバックボーンがボトルネックとなり、快適なブログ運営をすることはできません。

 

さらにサーバー群はいきなりインターネットに繋がっているわけではなくいろいろな通信機器を通ってインターネットに繋がるので、バックボーンは大げさなぐらいの通信速度が必要になってきます。

 

快適なブログ運営をしたいのであればバックボーンが次元を超えるほど高速であることが重要となるわけです。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

最強のメリット:サーバー稼働率99.99%

エックスサーバーの稼働率は99.99%

 

ブログを運営することを考えたとき、高性能なサーバーをレンタルすることは当然重要なポイントですが、忘れられがちな点がひとつあります。

 

それは稼働性

 

世に出回っているレビュー記事では「このサーバーは安い!」「このサーバーは速い!」と、言ったように「お得感」や「サーバーの速さ」ばかりを売りにしています。

 

実際企業もこれらを売り文句にしていますが、サーバーエンジニアである私は「ごく当たり前」のことをすごいことのように宣伝しているようにしか感じていません。

 

理由はひとつ。

  • 近年のサーバーは高速高性能が当たり前だから。

 

これは各企業がサーバーを買うだけでできることなので大したことではないんですね。

 

ですが稼働性は違ってきます。

 

稼働性とは「サーバーがダウンしないで動き続けることができるかどうか」を言います。

 

さて、2020年12月末にサーバーが1時間ほどダウンした企業がありました。その間はブログも落ちているのでそこで得られるはずだった収益はゼロです。

 

契約数も24万契約とそれほど多くはないのにサーバーがダウンした。この障害は「安さを売りにしているために起きてしまった障害」といっても過言ではありません。

 

かたやエックスサーバーの契約数は190万契約とおそらく国内トップです。

 

そしてその稼働率は99.99%です。

 

私自身エックスサーバーでブログを運営して丸4年を迎えますが一度も障害を起こしたことはありません。

 

サーバーが落ちないことはあまりにも普通のことなので誰も気が付きませんが、この「普通を維持できている」レンタルサーバーがエックスサーバーなんですよね。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

【核心】エックスサーバーが高い理由について

 

すでにいくつかのレンタルサーバーを比較されている人は分かるかもしれません。

 

隠しても仕方がないのでそのまま言いますがエックスサーバーは初期費用が3,300円かかります。レンタルサーバー激戦の時代において初期費用3,300円は致命的だと思いますよね。

 

これには理由があります。本当にサーバーの性能が気になる人は読み進めてみて下さい。
はや

 

安いレンタルサーバー屋が安いのは見えないところのお金を削っているから

安いレンタルサーバーについてなぜ安いのか3つの視点でお話します。

 

安いサーバーはなぜ安いか?

エックスサーバーもその他の安いレンタルサーバーも機能やできる事は一見あんまり変わらないです。

 

安いレンタルサーバーでも普通にWordpressをインストールして普通にブログを公開することができます。

 

もちろん速度が速い遅いと言う事はあります。

 

ただ安くても速いサーバーはありますし、そこまで劇的に違うかっていうとそんなこともありません。

 

では一体なぜエックスサーバーは他のサーバーに比べて料金が高いのでしょうか?

  • 経営者の人がお金をたくさんもらっているから?
  • 機能とは何にも関係ないブランド価値で高くなっているだけ?

 

安い物は必ずどこかのコストが削減されている

これはサーバーに限らず住宅でも家電製品でも食べ物でもなんでもそうですが、安い製品というのは必ずどこかの部分の材料費を安くしています。

 

全部最高の材料を使っているのに販売価格が安いということはありえないです。

 

では安い製品を作っている企業がどの部分の材料を安くするかと言うと、

  • お客さんが普段あまり気にしない部分
  • お客さんから見えにくい部分
  • お客さんの購買意欲と関係ない部分

 

このような部分の材料費を下げるわけです。

 

例えば住宅だと「柱の中の鉄筋の本数を減らす」「基礎部分のコンクリートを強度の低いものにする」「防音性能の低いフローリングにする」とかですね。
はや

 

お客さんが家を買うときは南向きかとか内装のオシャレさとか間取りとかキッチンにディスポーザーが付いているかとかそんなことばっかり気にするので、お客さんから見えにくい部分をケチってもあまり売れ行きに影響はないというわけです。

 

安いサーバー屋がどの部分のコストを犠牲にしているか

ではサーバーの場合、安いサーバー屋がどこを犠牲にしているのでしょうか?パッと思いつくのは以下のような部分です。

  • セキュリティ
  • 実際の稼働率(安定性)
  • データのバックアップ体制
  • 保守スタッフやサポートスタッフの人件費
  • 1台のサーバーに大量のユーザーを詰め込む

 

セキュリティや稼働率というのはユーザーが普段はあまり気にしない部分ですね。

 

申し込みサイトに「WAF使えます」とか「稼働率99.99%保証」とか書いていればみんな安心して契約します。

 

でも、実際に穴の無い運用体制になっているかどうかはユーザーからは見えない部分です。

 

例えば稼働率というのはサーバーが稼働している時間を元に計算されますので、アクセスが集中してしまって表示されるのに10秒かかるという状態でも「稼働状態」に入れて計算されます。

 

でも表示するのに10秒かかるサイトはほぼ使い物になりません。

 

エックスサーバー公式サイトを見てみる

 

エックスサーバーが高い理由は見えにくいところにもお金をかけているから

エックスサーバーがなぜ高いにも契約数が依然として増えているのか4つの視点でお話しします。

 

エックスサーバーの実績を見るとわかる

エックスサーバーは2004年の創業以来、17年間に渡ってサーバーの提供をしてきましたが、その間、大きな事故を1回も起こしていません。

 

安いサーバーの会社は海外からハッキングされたりウイルスの踏み台にされたりという事件も聞きますが、エックスサーバーはそのような大規模な事件が1回もありません。

 

190万人もの利用者がいて、業界でいちばん利用者が多いのにです。
はや

 

これはとんでもないことです。

 

運営年数と利用者がそれだけ多いということはそれだけの試行回数をこなしているのと同じなのです。

 

その膨大な試行回数に晒されながらも1回も事故を起こさずに耐えているのがエックスサーバーなのです。

 

「何も起こらない」というメリットはわかりにくい

 

エックスサーバーの最大のメリットとは「何も起こらない」ということなのです。

 

これは非常に地味でわかりにくいのですが最強のメリットです。

 

人間は何かが起こったときにメリットやデメリットを認識するものであり、何も起こらない場合はそもそもメリットが存在していることすら気づかないからです。

 

だからネットの口コミや評判にもこのようなメリットは99%以上登場しません。

 

でも現実として17年間の実績という証拠があり、たしかにメリットは存在しています。
はや

 

これはすごい大事なのでもう一度言いますが「エックスサーバーの最大のメリットとは「何も起こらない」ということ」なのです。

 

エックスサーバー公式サイトを見てみる

 

サーバーにおいて最も大事な要素は事故が起きないということ

サーバーにおいて最も大事な要素とは、いつでも誰でも素早くホームページにアクセスができるということです。

 

仮にあなたのサイトが1日に2,400人のアクセスがあるとしましょう。

 

この場合、1時間サーバーがダウンしただけで、100人のお客さんがサイトを見られずに帰ってしまいます。

 

閉鎖したと勘違いして二度と来なくなるお客さんもいるかもしれません。

 

仮に1日24,000円の収益があるとしたら、サーバーが1時間ダウンするだけで、あなたは1,000円損するのです。

 

丸1日ダウンしたら24,000円の損です。

 

また、中にはダウンから復旧できずにそのままデータが消失してしまう事故を起こしたサーバー屋もあります。

 

その場合、あなたが苦労して作った収益の仕組みが綺麗サッパリ消えてしまいます…。

 

昨日まで月に72万円の収入があったのに、今日からいっぺんに無収入になってしまうのです。

 

中には稼働率の保証を謳っているサーバー屋もありますが、多くの場合利用料金の一部が返金されるだけで、ブログ収益の機会損失までは補償されません。

 

よって、謳っている稼働率の数字や返金保証の内容だけではなく「今までに事故を起こしたか」という実績から運用体制を判断する必要があるのです。

 

エックスサーバーの悪評は極めて少ない

世の中には様々な口コミがあり、本記事冒頭でも紹介したようにエックスサーバーについてもたくさんの口コミがあります。

 

当然、中には少数ではありますが悪い口コミもあります。

 

しかしながら、悪い口コミの大部分は金額が高いと言ったことであり、サーバーの品質についての悪評はほとんどありません。

 

なぜ金額が高いのかは今回説明したとおりです。
はや

 

金額の安さというのはメリットではありますが、それは見えにくいところの品質を犠牲にしており、万が一のときにその犠牲の影響が表に出てくるということです。

 

これらを踏まえてもう一度レンタルサーバーを比較してみて下さい。

 

サーバー性能が曖昧であったり、極端に値段が安かったりと言ったことにい気が付きやすくなります。

 

エックスサーバー公式サイトを見てみる

 

エックスサーバーおすすめのプランってどれ?

 

エックスサーバーではプランが3つありプランごとでサーバー性能が変わりそうなイメージがありますが、驚くことにディスク容量以外でサーバー性能が変わることはないんです。

 

プランを比較

エックスサーバーが展開しているプランは「X10プラン」「X20プラン」「X30プラン」の3つです。

 

各料金プランにかかる初期費用と月額料金を表にまとめました。今エックスサーバーでは初期費用が0円&独自ドメイン無料キャンペーンを実施しています。

※7/29 18:00までのキャンペーン価格を適用済み

 

各キャンペーンの条件は下記のとおり

  • 初期費用0円:「12ヵ月以上の申し込み」(新規契約時のみ)
  • 独自ドメイン無料:「12ヶ月」以上のご契約と「自動更新設定」を有効にする

 

各料金プランはクリックして切り替えられます





X10プラン

契約期間初期費用利用料金合計
3か月3,300円1,320円×3ヶ月7,260円
6か月3,300円1,210円×6ヶ月10,560円
12か月0円1,100円×12ヶ月13,200円
24か月0円1,045円×24ヶ月25,080円
36か月0円990円×36ヶ月35,640円

X20プラン

契約期間初期費用利用料金合計
3か月3,300円2,640円×3ヶ月11,220円
6か月3,300円2,420円×6ヶ月17,820円
12か月0円2,200円×12ヶ月26,400円
24か月0円2,090円×24ヶ月50,160円
36か月0円1,980円×36ヶ月71,280円

X30プラン

契約期間初期費用利用料金合計
3か月3,300円5,280円×3ヶ月19,140円
6か月3,300円4,840円×6ヶ月32,340円
12か月0円4,400円×12ヶ月52,800円
24か月0円4,180円×24ヶ月100,320円
36か月0円3,960円×36ヶ月142,560円

 

ちなみに契約期間は長いほどお得になります。

 

エクスサーバーでおすすめの料金プランは「X10プラン、12か月以上の契約」です。

 

理由は3つ

  • 初期費用が0円になる
  • 12か月以上で月額料金がお得になる
  • 1年単位での更新のため、契約更新忘れを防ぐことができる
  • ブログの運営を辞めざるを得ない事情がでたのきの損失を抑える

ブログを作るには自分はどれが適切かわからない場合はX10プランで始めれば問題はありません。ブログを始めてみて性能が足りないかなと思うことがあればいつでもプランを変えることができるからです。

 

プラン変更はいつでも無料でできます。ちなみに、各プランで性能が違う部分はディスク容量だけですので、実はX10プランを選んでも困ることってないんです。

 

性能は変わらない…!月額料金も安い…!だけど、コスパ最強とはこのことですね。
はや

 

 

おすすめのプランはX10です。ディスク容量はプラン中一番少ないですがそれでも300GBもあります。万一少なくなるようなことがあれば上位のプランに変更ができますので、まずは最小のプランで月額料金を抑えつつ様子をみながら上位プラン変更すればOKです。

 

機能を比較

機能を比較します。各プランで異なる部分はディスク容量だけ。

 

基本性能は下記の通り

プランX10X20X30
ディスク容量300GB400GB500GB
無料独自SSL有り有り有り

 

詳しい機能はエックスサーバー公式サイトをチェックしてみてください。

 

他社はプランでCPU性能やメモリ性能でかなりの差別化を図っていますので、料金が安いプランほどいい性能を使えません。

 

エックスサーバーではディスク容量にのみをプランの選択対象ししていますので、安いプラン高いプラン関係なく高性能・高安定性のエックスサーバーを利用することが可能です。

 

エックスサーバーのプランはどれが良いの?と聞かれたら私は真っ先にX10プランをおすすめします。
はや

 

エックスサーバーは初期費用がある分料金が高く感じますが、他社のサーバー性能のからくりを読み取ることでいかにエックスサーバーのプランが優れているのかがお分かりになると思います。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

エックスサーバーを4年ほど使ってみた感想

私はエックスサーバーに出会ってからブログ運営が見違えるものになりました。

 

私も申し込み時の初期費用は高く感じましたが、サーバー設備の増強、サポート充実、ディスク容量の増加などこれまで多数の恩恵を受けてきました。

 

ドメインの管理、サーバー管理もエックスサーバーで完結しますのでドメイン更新料の支払いなども非常に手軽です。

キャンペーン前にブログを作ったので無料独自ドメインの恩恵はなし…(笑)

 

エックスサーバーのWordPressクイックスタートはとても簡単にブログが作れます。申し込み時に独自ドメインのドメイン名を決めるだけであとは全自動でブログを開設してくれる点には正直度肝を抜かれました。

 

私がWordPressブログを立ち上げたときはこんな最強のツールなんてありませんでしたから。今となっては当たり前のツール。超がつくほどパソコン操作が苦手な人でもエックスサーバーのWordPressクイックスタートを使えばまばたきしているあいだにブログが作れますよ。

 

WordPressクイックスタートを知ってしまうと、もうこの機能なしではブログなんて作るのが面倒なぐらいです。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

エックスサーバーの評判は決して悪いことはない:まとめ

 

エックスサーバーの評判とメリットデメリットについて熱量多めにお話しました。

 

エックスサーバーの評判は決して悪くありません。もし、どうしても悪い評判が気になる場合はエックスサーバーはあきらめたほうがあなたのためです。

 

初心者がWordPressブログを開設する上で大事なことは「みんなが使っているサーバーを選ぶ」ことです。

 

値段が安いからと無名のレンタルサーバーを契約してしまうと何かあったときすべて自分自身出解決できるWordPressの知識が必要になってきます。

格安サーバーの場合は人件費や設備のコストを抑えることで実現しているので、サポートが役に立たないなんてことは良く聞く話。

 

エックスサーバーは初期費用が3,300円と高くつきますが、キャンペーンを狙うことで初期投資の費用を抑えることが可能です。

 

どうしてもお金を抑えたいという人もいますので、エックスサーバーは万人向けではないかもしれません。

 

が、もし3,300円ぐらいの初期費用なら良いかなって思えたらエックスサーバーを選んで後悔することはありません。

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

関連記事

エックスサーバーのWordPressクイックスタートを使ったブログの作り方はコチラ

 

パソコン編

【簡単】エックスサーバーWordPressクイックスタートのやり方

続きを見る

 

スマホ編

【初級】スマホを使ったエックスサーバー(XSERVER)の申し込みとブログの開設方法

続きを見る

 

【重要】エックスサーバーの初期費用0円&独自ドメイン永久無料キャンペーン

 

エックスサーバーでは2021年8月26日(木)の18:00まで「初期費用0円&独自ドメイン永久無料キャンペーン」を実施中です。

 

独自ドメインは取得時に100円~数千円し、更新時に1,000円~しますが、このキャンペーンを利用することで独自ドメインにかかる費用がずーっと0円です。

 

ブログで稼ぐことはビジネスでもあるので、経費を削減できるところはとことん削りほかの部分に投資(WordPressテーマの購入や書籍の購入費)をすることが副業で成功するコツです。

 

各キャンペーンについて詳しく説明します。

 

初期費用0円キャンペーン

各料金プランにかかる初期費用と月額料金を表にまとめました。今エックスサーバーでは初期費用が0円&独自ドメイン無料キャンペーンを実施しています。

※7/29 18:00までのキャンペーン価格を適用済み

 

各キャンペーンの条件は下記のとおり

  • 初期費用0円:「12ヵ月以上の申し込み」(新規契約時のみ)
  • 独自ドメイン無料:「12ヶ月」以上のご契約と「自動更新設定」を有効にする

 

各料金プランはクリックして切り替えられます





X10プラン

契約期間初期費用利用料金合計
3か月3,300円1,320円×3ヶ月7,260円
6か月3,300円1,210円×6ヶ月10,560円
12か月0円1,100円×12ヶ月13,200円
24か月0円1,045円×24ヶ月25,080円
36か月0円990円×36ヶ月35,640円

X20プラン

契約期間初期費用利用料金合計
3か月3,300円2,640円×3ヶ月11,220円
6か月3,300円2,420円×6ヶ月17,820円
12か月0円2,200円×12ヶ月26,400円
24か月0円2,090円×24ヶ月50,160円
36か月0円1,980円×36ヶ月71,280円

X30プラン

契約期間初期費用利用料金合計
3か月3,300円5,280円×3ヶ月19,140円
6か月3,300円4,840円×6ヶ月32,340円
12か月0円4,400円×12ヶ月52,800円
24か月0円4,180円×24ヶ月100,320円
36か月0円3,960円×36ヶ月142,560円

 

ちなみに契約期間は長いほどお得になります。

 

エクスサーバーでおすすめの料金プランは「X10プラン、12か月以上の契約」です。

 

理由は3つ

  • 初期費用が0円になる
  • 12か月以上で月額料金がお得になる
  • 1年単位での更新のため、契約更新忘れを防ぐことができる
  • ブログの運営を辞めざるを得ない事情がでたのきの損失を抑える

ブログを作るには自分はどれが適切かわからない場合はX10プランで始めれば問題はありません。ブログを始めてみて性能が足りないかなと思うことがあればいつでもプランを変えることができるからです。

 

プラン変更はいつでも無料でできます。ちなみに、各プランで性能が違う部分はディスク容量だけですので、実はX10プランを選んでも困ることってないんです。

 

性能は変わらない…!月額料金も安い…!だけど、コスパ最強とはこのことですね。
はや

 

 

独自ドメイン永久無料!キャンペ―ン

2021年8月26日の18時まで、下記の独自ドメインが永久無料になるキャンぺーンを実施中です。

 

無料で取得できるドメインはプランで変わります

プラン対象ドメイン
X10.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog のいずれか
X20.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .jp のいずれか
X30.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .jp / .co.jp / .or.jp / .ne.jp / .gr.jp のいずれか

 

ドメインが直接SEO(ブログの検索順位や集客力)に影響することはありませんので、気に入った独自ドメインを無料で作ってしまいましょう。

 

ただし、X10プランを契約される場合「24ヵ月以上の申し込み(新規申し込みの場合は12ヵ月でOK)」と「契約の自動更新されている場合」が独自ドメインを永久無料で貰う条件となりますのでその点ご注意ください。X20,X30プランの場合、この条件は不要。

ブログ運営は永く続ける必要があるので、一度にまとまった金額が必要になりますが、安く使うことができますのでご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

特に「.com」や「.net」、「.jp」といった人気のドメインが無料で手に入るのは非常に嬉しいです。

 

なお、エックスサーバーとの契約がなくなると永久無料ではなくなるのでご注意くださいね。

 

月額料金792円~、独自ドメイン永久無料キャンペーンについてはエックスサーバーの公式サイトのトップページからもっと詳しくご覧いただけます。

 

ドメインの更新は通常なら年間1,500~3,000円します。年間なので微々たる金額かもしれませんが少しでも財布にやさしくしたいものですよね?

 

エックスサーバー公式サイト:https://xserver.ne.jp/

 

 

-レンタルサーバー
-, ,