WordPress XSERVER

簡単!ワードプレスをエックスサーバーからMixhostへ移転する

更新日:

最近話題となっている「mixHost」は、高速サーバーかつ、ジャンルを問わないという点で多くの方が使い始めている今ホットなレンタルサーバーです。

今回は、mixHost使ってみたい!けど、サーバー移転の方法がわからない・・・。

初心者でもできる移転方法、紹介しちゃいます。

 

ポイント

今回は、独自ドメインを取得されている方が「エックスサーバー」から「ミックスホスト(mixhost)」に移転する方法です。

 

mixhostと契約をする

契約はまず10日間無料の契約からスタートします。

そして使っても良いかなと感じましたら、「本契約」という流れです。

まずは、mixHostと契約しましょう。

ここからmixhostに移動できますので、これを機に契約を済ませてしまいましょう。

契約の手順はとても簡単です。

初期設定完了後のワードプレスのインストールは不要です。

 

旧サーバーでの作業

まずは、データのダウンロードとデータベースのバックアップを行う必要があります。

 

ワードプレスのデータをダウンロードする

これは、WinSCPというアプリケーションを使用しました。

データのダウンロードに漏れがあると大変です。WinSCPはフリーソフトの中でもとくに安定したデータ転送をしてくれるソフトウェアです。

 

利用しているサーバーにFTPアカウントでログイン

WinSCPを使って旧サーバーで設定したFTPアカウントを使用します。

下記はエックスサーバーでの例です。FTPアカウントの追加タブで作業を行います。

FTPサーバー(ホスト名)は「FTPソフト設定」をクリックすると確認ができます。

 

WinSCPを起動します。FTPアカウント追加で作成した「ホスト名」「ユーザー名」「パスワード」を入力します。

 

下図のようになりますので、まずは「/」の状態なので、「ドメイン名」「public_html」とフォルダーを開いていきます。

すると、下図のようなフォルダとファイル名が表示されますので、すべてのファイルおよびフォルダをPCへ移動(ダウンロード)します。

 

なお、サイトの規模により、データのダウンロードには、時間がかかります。

 

おすすめ

普段無線環境の方はこのときばかりはPCとルーターをLANケーブルで接続すると、より安定したデータのダウンロードが可能です。

 

下図のようになればファイルの移動は完了です。

 

データベースのエクスポート

実は結構ハマる部分です。

ワードプレスは先ほどダウンロードしたファイルのほかにデータベースを構築していて、これを参照しています。

データベースを複数作った(手探りで複数作った)場合、どれを利用しているかわからないことがあります。

ですが、これを確認する方法がありますので、ご安心ください。

 

利用しているデータベースを調べる方法

さきほど、ダウンロードしたファイルのなかに、「wp-config.php」といったファイルがあります。

ドメイン名フォルダーの直下にありますので、これを開きます。

するとファイル内に下記の記述がありますので、「DB_NAME」に記載されている名前を確認しましょう。

当サイトを例にすると、「hayamizbg_w1」となっていますことがわかります。

 

データベースをバックアップ

いくつかやり方がありますが、一番簡単なのは、そのままデータベースをバックアップしてしまう方法です。

よく見かけるのが、phpmyadminに入り、データベースをクリックして、エクスポート・・・が有名ですが、その手順は不要です。

各社レンタルサーバーにデータベースのバックアップという項目があればそれをクリックしましょう。

実はこれが確実だったりします。

 

該当のデータベースを選択します。

 

sqlファイルがダウンロードされれば完了です。データベースもサイト規模によってダウンロード時間が変わります。

これで、移転準備は完了です。

 

新サーバーでの作業

バックアップが完了したら、移転先のmixhostでの作業に移ります。

やっていることの逆を行うことが基本です。

 

mixhostでデータベースを作成する

といっても、中身までは作りません。

中身は先ほどバックアップしたデータベースを使用します。

流れを紹介します。

 

「MySQLデータベースウィザード」をクリックします。

 

作成を開始します。

 

すべての権限を選びます。

 

エラーメッセージが表示されることなく作業は完了すればOKです。

 

wp-config.phpの書き換え

データベースの参照方法を変更するために、旧サーバーからダウンロードした「wp-config.php」の一部書き換えを行います。

書き換える箇所は下記の4箇所です。

mixhostで新たに作成したデータベースで作った「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「サーバー」を指定します。

下図は、設定変更「後」の画面です。

 

注意

書き換えには、Windows標準機能の「メモ帳」ではなく、テキストエディターを使用してください。

 

はや
テキストエディターは「桜エディタ」や「TeraPad」が有名です。

 

ワードプレスのデータをアップロードする

今度は、mixhostのサーバーへWinSCPを使ってFTP接続をします。

ftpサーバーへの接続方法は、契約時に送られてくる「【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」といったタイトルのメールに記載されています。

下図は一例です。

 

接続完了後、はじめにダウンロードしたファイルをmixhostのサーバーへアップロードします。

ダウンロートした時の逆(画面左側にあるフォルダーとファイルを右側へ移動)を行います。

 

はや
アップロード先はドメインフォルダーの直下です。

 

データベースをインポートする

先ほどはphpmyadminへは入りませんでしたが、インポートする際は入る必要があります。

図のように入りましたら、作成したデータベースをクリックし、インポートをクリックします。

 

ファイルを選択をクリックし、旧サーバーでバックアップしたsqlファイルを選択します。選択後、画面下にある「実行」をクリックします。

 

 

下図のようにデータベースがインポートされればインポート作業は完了です。

 

ドメインの参照先を変更する

作業も終盤です。

最後にドメインの参照先を変更します。

ドメイン管理サイト「お名前.com」などにログインし、DNSサーバーを変更します。

今までお使いの旧サーバーのDNSサーバーからmixhostのDNSサーバーに書き換えます。

mixhostで使用するDNSサーバーは下記の5つです。

  • ns1.mixhost.jp
  • ns2.mixhost.jp
  • ns3.mixhost.jp
  • ns4.mixhost.jp
  • ns5.mixhost.jp

 

書き換えが完了したら、移転作業は終了です。

 

DNSサーバー書き換え時の注意点

DNSサーバーの書き換えには時間がかかります。

これは、世界に散らばるDNSサーバーへ変更通知を出したり、DNSキャッシュが最低24時間は保持するため、しばらくは新旧が同時に存在することになります。

なので、旧サーバーはすぐに消すのではなく、確実にDNSサーバーのデータが書き換わるのを待ちましょう。

最低24時間最大で72時間はかかります。

動作確認を行う際は、hostsファイルを書き換えるなどで、対応可能です。

書き換え方法は、下記で紹介しています。

CHECK
WindowsのHostsファイルが編集できない!? 管理者権限でファイルを開けば編集可能です

パソコンやネットワークの知識を獲得してくると、色々設定してみたくなるのが人間ですね。 今日は、ネットワーク設定でよく出て ...

続きを見る

 

はや
少し、上級者向けですが、「nslookup ドメイン名」コマンドを使うことでサーバーの参照先が変わったかの確認も可能です。

 

当サイトの場合を例にすると、下記のようにコマンドを実行します。

nslookup hayamizbg.net

 

移転して良かったかどうか

私は現在ふたつのブログを運用していまして、サーバーの負荷が気になっていました。

有名なサーバーだと、アクセス過多による負荷が原因でサーバーがダウンした場合、サイトへのアクセス制限がかけられるそうです。

そうなってしまうと、サイトでの収益にも影響がでますので、それは避けたかったんです。

今回mixHostへ移転することで、ブラウジングが軽くなりました。

ですので、複数サイト運営をしていて、負荷がきになるな~というブロガーさんたちは、mixHostへの移転も視野に入れてよさそうです。

わたしは、移転して良かったと思います!

 

終わりに

はや
移転作業は問題なく完了したでしょうか。
こうやって読んでみると難しそうだけど、やることは少ないから簡単そうね!あたしでも出来そう?
あきちゃん
はや
そうだね。初めての人は少しとっつきにくいかも知れないけど、やってみるとすんなりできちゃうよ。
そうなんだ!初心者の人もこれで安心だね。
あきちゃん

 

独自ドメインを取得していれば、サーバーの引越しはとても楽に行えます。

さらに、自分のドメインのブランド化にもつながるため、独自ドメインの取得は重要です。

 

参考になれば幸いです。

関連記事一覧

人気上昇中の記事

1

タブレットはとても便利ですが、なかなかうまく使いこなせていない人が多いです。   そこで今回は、タブレットの使 ...

2

WordPress(ワードプレス)でブログをはじめたい・・・けど、何がどう必要なのかわからない。 ワードプレスは夢があり ...

3

タグ管理マネージャー2とは、WING AFFINGER5専用の「プラグイン」です。   はや私のなかでは「最高 ...

4

ブログを始める人の中には、「副業」目的の方も多いでしょう。   しかし、いざ始めてみたは良いものの・・。 &n ...

5

サイト運営しているとサイトのスピードなど・・気になりますよね。 サイト表示のスピードがあまりにも遅いと閲覧者はサイトを「 ...

6

WiMAXが終了するようですね。 WiMAXといえばポケットWiFiですが、これは商品名ではなく規格のひとつであることは ...

7

「ポケットWiFiってなんだろう…。」 「ポケットWiFiってどうやって使うの?」 「ポケットWiFIって便利なの?」 ...

-WordPress, XSERVER

Copyright© HAYAMIZ Blog , 2018 All Rights Reserved.