VPS

【Xserver VPS】マイクラのマルチサーバーをシンプルに立てる方法【MOD導入完全ガイド】

【Xserver VPS】マイクラのマルチサーバーをシンプルに立てる方法【MOD導入完全ガイド】

 

2022年9月8日、株式会社エックスサーバーはXserver VPSをリリースしました。

 

これまで、エックスサーバーでMinecraft(マインクラフト)のマルチサーバーを立ち上げたいと思っても、VPSサービス自体がなかったため、Xserver以外のVPSを利用する必要がありました。

 

これからはエックスサーバーが展開する高性能なXserver VPSを使って、ワンクリックで簡単にマイクラのマルチサーバーを立てることができるようになります。

 

Xserver VPSを使ったマイクラサーバーの立ち上げはかなり簡単で驚きました。実質申し込みするだけ。

 

この記事では申し込み方法からMODを導入してMODサーバーへ入ってマルチプレイで遊ぶ手順までを完全ガイドとしてご紹介しています。

 

今回あらたにXserver VPSを使ってみましたが動作が桁違いに軽く本当にオンラインなの?!と驚くほどでした。

 

この記事をマネしていくだけで人気のMOD「黄昏の森」で遊ぶことができますので、ぜひ挑戦してみてください。

影MODを入れる方法も併せてご紹介!

 

Xserver VPSの基本的な使い方を知りたい…!場合はこちらの記事もあわせてどうぞ。料金プランや申し込み方法を丁寧に解説しています。

Xserver VPS(エックスサーバー)の使い方【OS/アプリがワンクリックで作れる】

続きを見る

 

この記事を書いている人

 

\ 安定稼働でコスパも最強 /
Xserver VPSを申し込む

 

Xserver VPSでMinecraftのマルチサーバーを立てなら統合版・Java版どっち?

 

マイクラサーバーには2種類のモードが存在します。

  • 統合版
  • Java版

 

それぞれにメリットとデメリットがありますので、まとめておきます。

 

統合版

Minecraft統合版はPS4版マインクラフト、Nintendo Switch版マインクラフト、Windows、Mac、Linux版マインクラフトをもっている人たちが一緒に遊べるモードです。

 

色々なゲーム機器が交わって遊ぶのでクロスプラットフォームとも呼ばれます。

 

統合版はクロスプラットフォームに対応している点がメリットになります。

 

デメリットはMODと呼ばれるマインクラフトを遊びつくすモードが使えない点となります。

 

まとめると…

  • メリット:クロスプラットフォームである
  • デメリット:MODが使えない

 

Java版

Java版のメリットはMODが使えるという点です。

 

マインクラフトの真骨頂ともいえるMODを遊びたくてマイクラサーバーを立てる…!という人が大半でしょう。

 

デメリットはJavaが動かせるWindows、Mac、Linuxユーザー同士でしか遊べない点です。

 

まとめると…

  • メリット:MODが使って遊びつくせる
  • デメリット:Windows、Mac、Linuxユーザーでしか遊べない

 

それぞれの特徴を知ってうまく遊びたいですね。

 

Xserver VPSでMinecraftのマルチサーバーを立てる

 

Xserver VPSの申し込みがまだであれば以下を参考に申し込みをしておきましょう。通販感覚で選んでいくだけですのでとても簡単に申し込めます。

 

Xserver VPSの料金プラン

 

月額料金は1ヶ月、12ヶ月、24ヵ月、36ヶ月の4パターンから選べます。長期利用を考えているなら1ヶ月契約よりも12ヶ月以上で契約することで大幅な割引を受けることができます。

 

プランは6種類と幅広く用意されています。1か月契約の料金。

プラン 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
月額料金 1,150円 2,200円 4,400円 9,750円 22,100円 44,200円

 

12カ月契約以上でグンと料金が下がります。

プラン 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
月額料金 900円 1,800円 3,600円 7,800円 19,500円 39,000円

 

24ヵ月契約の場合

プラン 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
月額料金 870円 1,750円 3,400円 7,500円 19,000円 38,500円

 

36ヶ月契約の場合

プラン 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
月額料金 830円 1,700円 3,201円 7,200円 18,500円 38,000円

 

もし短期間での利用なら1ヶ月契約で様子をみていくのもアリ。最低利用期間がありませんので1ヵ月ごとに使い続けるかやめるかの判断ができます。

 

おすすめプランは4GB、8GBプランです。2GBプランはディスク容量が50GBとかなり少なめ。OS容量を考えると100GB以上は確実に欲しいところです。

 

MODで遊ぶこと考えると、4GBプラン以上が安定してマイクラを楽しむことができます。

 

とはいえ…。プランは後からアップグレードができます。

 

まずは2GBプランで始めて「モッサリしてそうだな~」「動きが鈍いな」「ディスク容量がたりなくなった…!」と感じてからプランを変えても遅くはありません。

 

また、料金プランは利用するOSやアプリで変わることはありません。あくまでもディスク容量やCPU・メモリの数に応じた料金プランとなっています。

 

料金の発生はいつ?

Xserver VPSでは、毎月15日を基準に申し込み月の料金の計算方法が変わります。料金を支払う前に「お支払い詳細」にて確認できます。

 

基本的には申し込み月は日割り計算となり、本契約は次月からと理解しておいて問題はありません。

 

2023年1/5~1/15までに申し込んだ場合

1カ月契約の場合、1/5から1/31までの日割り料金となり、有効期限は「2023年1/31」となります。

 

12カ月契約の場合、1/5から1/31までの期間は日割り料金となり、有効期限は「2023年12/31」となります。

 

24カ月契約、36カ月契約も12ヶ月契約の場合と同様の計算方法です。

 

2023/1/16~1/31までに申し込んだ場合

1カ月契約を1/25に申し込んだ場合、2023/1/25~1/31までの日割り料金2023年2/1~2/28(1カ月分)の月額料金となり、有効期限は「2023/2/28」になります。

 

12カ月契約を2023/1/25に申し込んだ場合、2023/1/25~1/31までの日割り料金2023年2/1~2024/1/31(12カ月分)の月額料金となり、有効期限は「2024/1/31」になります。

 

24カ月契約、36カ月契約も12ヶ月契約の場合と同様の計算方法です。

 

自分がいつから日割り計算になるか(上図の画面)は支払い方法の選択前で簡単に確認ができますので、安心して申し込み画面を進めることができますよ。

 

\ 安定稼働でコスパも最強 /
Xserver VPSを申し込む

 

Xserver VPSの性能はどう?

Xserver VPSはレンタルサーバーの老舗であり問題はありません。

 

もし性能が気になる場合は実際にVPS3社の料金プランや最速級と呼ばれているVPSとの処理性能を比較した記事がありますので、そちらをご覧になって判断してみてはいかがでしょうか。

Xserver VPSを他社と比較【他社VPSよりも何がスゴイ?】

続きを見る

 

Xserver VPSの公式サイトへ入る

 

Xserver VPSの公式サイトへ入りましょう。以下のリンクから移動できます。

 

https://vps.xserver.ne.jp/

 

新規お申込みを選ぶ

初めてXserverのサービスを利用する場合は「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックします。

すでにアカウントをお持ちの場合は「ログイン」をクリックしログインするとVPSの申し込み画面へ移動することができます。

 

会員登録を実施

お客様情報の入力をします。入力完了後画面一番下にある「次へ進む」をクリックします。

 

登録したメールアドレスへ「メールアドレス確認」が送られてきますので、認証コード(確認コード)をメモします。スマホのメールアドレスの場合はスマホでメールを確認しましょう。

 

確認コードを入力し「次へ進む」をクリックします。

 

入力内容を確認し「この内容で登録しサーバー申し込みへ進む」をクリックします。

 

VPSの申し込み

プラン・契約期間・利用したいサーバー・イメージを選びます。選択完了後「お申込内容を確認する」をクリックします。

 

ゲームサーバーのお申込みを選び、イメージタイプを選びます。Minecraft統合版かJava版を選べます。MODで遊ぶならJava版です。

 

申し込み内容を確認し「お支払いへ進む」をクリックします。下記の図ではイメージタイプがUbuntuになっていますが、ここでは気にしなくてOKです。

 

支払い方法を選択する

支払方法尾はクレジットカード払いと後払いが選べます。ご都合が良い方を選びましょう。

 

カード情報を選んだ場合、カード番号情報を入力し「確認画面へ進む」をクリックします。

 

「支払いをする」をクリックします。

 

申し込み完了!

下記の画面が確認できましたらXserver VPSの申し込みは完了です。3分~5分ほどで完了できました。

 

申込が完了するとサーバー設定が開始されます。体感で10分ほどで設定が完了します。

 

設定完了後の画面

利用期限が表示されればVPSの利用準備は整ったことを示しています。

 

これでマイクラサーバーは立ち上がりました。イメージタイプを選ぶだけなのでまさにワンクリック立ち上げといえますね。

 

マイクラサーバーの基本設定をする

マイクラサーバーはイメージをインストールしただけで完成しますが、遊べるまでにやることが3ステップありますので説明していきます。

  • OS状態を最新にする
  • 接続許可ポートの設定
  • マインクラフトの世界設定

 

OSを最新状態にしておく

初回起動時はOSを最新の状態に保つためにアップグレードを実施しておきます。コンソールをクリックします。

 

コンソールに入るとコマンド入力待ちの状態になっていますので、rootと入力し、続いてrootパスワードを入力します。

パスワード入力中は画面に何も表示されませんがキーを入力は受け付けています。

 

「apt upgrade」と入力します。「apt list --upgradable」と入力することでアップデートファイルの確認ができますが、「apt upgrade」を実行すればすぐにアップグレードされます。

 

「Y」を入力します。大文字のYですのでご注意ください。

 

アップグレードが始まります。

 

下記の画面が表示された場合は「エンターキー」を入力します。

 

「N」キーを入力して続行します。

 

プロンプト(下記画像の赤線部分)が表示されればアップグレードは完了です。

 

接続許可ポートの設定

マインクラフトは接続許可ポートをすべて許可しておく必要があります。

 

マインクラフトマネージャーを起動し世界設定を行う

VPS管理パネルからマインクラフトマネージャーを起動します。

 

ユーザー名に「root」、パスワードに「rootパスワード」を入力します。

マインクラフトマネージャーにログインするためのrootパスワードはメールで送られてきます。

 

メールが確認できない場合、パスワードを紛失した場合

まれにMinecraftイメージをインストール後、rootパスワードがわからない場合は新しいパスワードを生成することで解決できます。

 

ワンポイント

マインクラフトマネージャーのパスワードを忘れた場合でも使える対処法です。

 

VPS管理のVPSパネルからコンソールへ入ります。

 

プロンプトが表示されますので、「htpasswd /opt/minecraft/manager/.htpasswd root」と入力しエンターキーを入力します。New passwordと聞かれますので、パスワードを入力します。

入力中は何も表示されませんがキー入力は受け付けられています。Re-Typeと聞かれましたら同じパスワードを入力してください。

 

これでパスワードの再設定が完了しましたので、再度VPSパネルのマインクラフトマネージャーをクリックしてください。

 

マインクラフトマネージャーにログインできました。

MODを導入して遊ぶ場合は安易にバージョンを上げないようにしましょう。有名なMOD「黄昏の森を遊ぶ場合」は1.19.2が最新ですのでバージョン更新はここでは不要です。

 

バージョンを更新するときはこの機能を使います。バージョンを戻すことはできないので注意してください。

 

ゲームモードを変更できます。「クリエイティブモード」「アドベンチャーモード」が選べます。

 

難易度は「ピースフル」「ノーマル」「ハード」から選べます。

 

ホワイトリストタブでは特定の人だけを招待(接続)することができます。これを設定するとリストに登録のない人は接続ができなくなります。

 

オペレーター権限を追加したいユーザーを登録できます。

 

マインクラフトの世界をバックアップできます。デフォルトでは無効になっていますので、自動バックアップをするか定期的に手動バックアップを実施しておくと良いですね。

 

マインクラフトの世界へ接続する

Xserver VPSで配布されているIPアドレスを招待したい知人などへ連絡します。

 

パソコンからマインクラフトを起動し「マルチプレイ」をクリックします。マインクラフトのバージョンはXserver VPSで設定しているバージョンと合わせます。

 

「サーバー追加」をクリックします。

 

サーバー名にお好きな名前(画像ではExample)を入力し、サーバーアドレスにXserver VPSに配布されているIPアドレスを入力します。入力が終わったら「完了」をクリックします。

 

「サーバーに接続」をクリックします。

 

\ 安定稼働でコスパも最強 /
Xserver VPSを申し込む

 

以上でXserver VPSの申し込みからマイクラサーバーの立て方までをご紹介しました。

 

次からはMODで遊ぶための設定へと続きます。こちらが本編ですね(笑)

 

Xserver VPSで立てたマイクラサーバーをMODサーバーとして動かす【サーバー編】

 

MODで遊ぶためにはPC側とサーバー側で同じバージョンのMODを準備しておく必要があります。

 

ここでは重要となるサーバー側(Xserver VPS)の設定をご紹介していきます。

 

あると便利なもの

  • Tera Term:動作が軽くコマンドコピペも簡単
  • WinSCP:ファイル転送ツール

 

注意点

  • 黄昏の森を遊ぶ場合はバージョン1.19.2である必要があります。
  • Forgeのバージョンは安定板ではなく最新版を使います。

 

1. Tera Termをインストール

Xserver VPSのコンソールをクリックすればUbuntuのコンソール画面が表示されるので不要と思うかもしれません。

 

しかし、これからマイクラのMODを設定していくための設定にコマンド(呪文のような言葉)をひたすら入力する作業にとても便利なツールになります。

 

手入力をして行けば良いかも知れませんが、タイプミスや作業効率を考えTera Termのインストールをオススメします。

 

Tera TermはLinuxのコマンド入力にとても適しているエンジニアご用達のアプリでもあります。ぜひ挑戦してみてください。僕自身仕事で愛用してます(笑)

ちなみにVPSにインストールするのではなく、お使いのWindowsパソコンにインストールします。

 

Tera Termの公式サイトからアプリをインストールします。

 

tera-term-4.106.exeをクリックします。

 

自動でダウンロードが始まらない場合はファイル名をクリックします。

 

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックするとインストールが開始されます。基本すべてそのままでOKです。

 

インストールが完了しました。「今すぐTera Termを実行する」をクリックします。

 

接続画面が表示されますので、「ホスト」にVPSパネルに表示されているIPアドレスを入力し、サービスに「SSH」を選びます。最後に「OK」をクリックします。

 

警告が出ますが「続行」をクリックします。

 

ユーザ名に「root」、パスフレーズに「rootパスワード」を入力し、「OK」をクリックします。

 

VPS(Ubuntu)にログインすることができました!

 

以上で作業準備が整いました。

 

2.Javaのバージョンを確認する

Javaのバージョンはマイクラで動かすMODが必要としているバージョンをインストール必要があります。

 

Tera Term上で下記のコマンドを入力します。

java -version

 

図のように17.0.5と表示されていればJavaをインストールは不要です。

 

もし17.0.5より低い場合は下記のコマンドを入力してJavaをインストールして下さい。

apt install openjdk-17-jdk -y

 

Javaのインストールは1分ほどで完了します。

 

インストールが終わりましたら再度バージョンを確認しましょう。

 

3.ディレクトリを作成する

下記のコマンドを入力してディレクトリ(フォルダー)を作成します。

mkdir /usr/games/minecraft && cd $_

 

ディレクトリが作成され、該当のディレクトリに移動していることが分かります。

 

4.ファイル転送ツール「WinSCP」を準備する

 

WinSCPを以下のURLからダウンロードしてインストールします。

 

https://winscp.net/eng/download.php

 

WinSCP公式サイトに移動しますので、画面下にあるダウンロードボタンをクリックします。

 

 

ダウンロードしたWinSCPのセットアップファイルをダブルクリックしてWinSCPをインストールします。画面に従っていくだけで簡単にインストールできます。

 

「許諾」をクリックします。以降は図のように真似をすればOKです。

 

標準的なインストールを選択

 

コマンダーを選択

 

インストールボタンをクリック

 

完了をクリックしてインストール完了

 

WinSCPが起動しますので、下記を入力し「ログイン」しましょう。

  • 転送プロトコル:SFTP
  • ホスト名:VPSのIPアドレス
  • ユーザ名:root
  • パスワード:VPS作成時に入力したrootパスワード

 

「不明なサーバーに~~」という警告メッセージが出ますが「はい」をクリックして続行します。以降は出ません。

 

WinSCP(左のウィンドウがパソコン)とVPS(右のウィンドウがXserver VPS)が接続されました。

 

現状、Tera TermとWinSCPが起動したままになっていると思いますがそのままの状態にしておいてください。

万一接続が切れてしまった場合は再度接続しなおせば問題ありません。

 

5.WinSCPでディレクトリを移動する

WinSCPで/usr/games/minecraftのディレクトリを開きます。

 

赤枠のディレクトリをダブルクリックします。

 

usrをダブルクリックします。

 

gamesをダブルクリックします。

 

minecraftをダブルクリックします。

 

下図のようになればOKです。

/usr/games/minecraft/のディレクトリに移動していることがわかります。

 

6.MODの入手

MODサーバーは沢山ありますが、今回はThe Twilight Forest(黄昏の森)を例に進めて行きます。

 

黄昏の森を配布しているページへ移動します。

 

https://www.curseforge.com/minecraft/mc-mods/the-twilight-forest

 

ページ中ほど右側にある「Recent Page」から1.19の項目の1.19.2と書かれたダウンロードアイコンをクリックしデータを入手します。

 

ファイルが入手できました。

 

7.Forgeの入手

黄昏の森を遊ぶ場合、Forgeは安定板ではなく最新版を導入します。

 

https://files.minecraftforge.net/net/minecraftforge/forge/index_1.19.2.html

 

最新版(Latest)のForgeのインストーラーをダウンロードします。Recommendedは使いません。

 

SKIPをクリックします。

 

ダウンロードしたForgeファイルをダブルクリックします。

 

Install Serverを選びます。

赤文字のメッセージはインストールフォルダの場所を設定できます。新しいフォルダを作ってそこをインストール場所として選ぶと次の手順がわかりやすくなります。

 

インストールが開始されます。

 

インストール完了。OKをクリックします。

 

Xserver VPSへデータを移動します。必要なファイルとフォルダは図のとおりです。「run.bat」は不要です。

 

WinSCPの右側に先ほどインストールした4つのファイルとフォルダをドラッグアンドドロップで移動します。

 

ポップアップが表示されるので「OK」をクリックします。

 

ファイルのアップロードが始まります。

 

データの転送が完了しました。

 

8.MODを起動する

Tera Termにもどり下記のコマンドを実行してMODを動かしてみます。

sh run.sh

 

Eula(ユーラと読む)の読み込みに失敗しましたというメッセージが表示されました。

Eula(End User License Agreements:エンドユーザーライセンスアグリーメント)は使用許諾の意味です。これに同意してからもう一度MODを実行すればOKです。

 

WinSCPのXserver VPS側の画面を更新し、eula.txtをダブルクリックして開きます。

 

falseをtrueと書き直します。

 

書き換えを終えましたらファイルを保存します。

 

黄昏の森のMODファイル(twilightforest~~)を「mods」ディレクトリに移動します。

 

ファイルが移動できました。

ディレクトリは/usr/games/minecraft/mods/に移動しています。

 

Tera Termから再度MODを起動してみましょう。

sh run.sh

 

Done!と表示されましたらMODの導入は成功です!!

 

Done!の表示まではおよそ3分かかりますので、ドキドキするときですが待ちましょう。

 

パソコンでMODサーバーで遊ぶための準備

 

MODサーバーを無事に立てることができましたらパソコンにも同じMODを置く必要があります。

 

Forgeをインストールします。パソコンにインストールするので、Install clientを選びます。インストール先は変更しないでください。

 

インストール中

 

インストールが完了しました。

 

MODをmodsフォルダへ置きます。

C:\Users\UserID\AppData\Roaming\.minecraftへフォルダを移動します。

UserIDはアカウント名を示しています。

 

modsをダブルクリックします。

 

modsフォルダにMODファイル(黄昏の森)を置きます。

 

Minecraftを起動します。プレイボタンの左側に「forge」が表示されていることを確認し「プレイ」をクリックします。

 

警告メッセージがでます。「プレイ」をクリックします。

 

プレイスタイルを選びます。今回は「マルチプレイ」を選びます。

 

サーバーを選択し「サーバーに接続」をクリックします。

 

MODサーバーへ降り立つことができました!

 

黄昏の森への行き方は「2×2の池」を作り、その周りに「12本の生花」を並べ、ダイヤを池に放り投げます。

 

こちらの動画が参考になりましたので、これから始めてみようと思う方はご参考にしてみてください。

 

新しい遊びが無限に広がるマイクラ。MODにハマる理由がわかりますね。

 

新たなMODで遊びたい場合はVPSとパソコンの両方のmodsフォルダに遊びたいMODを置いていくだけです。

そのとき、VPSのバージョンやMODのバージョンに注意してください。バージョンはそろえる!ということを覚えておけばOK。

 

MODで無限に遊べる!これこそがマイクラ最大の魅力です。

 

\ 安定稼働でコスパも最強 /
Xserver VPSを申し込む

 

参考情報

ちなみにTera Term上ではマイクラのマルチサーバーへログインすると誰が入ってきたか確認ができます。

 

Tera TermやWinSCPは不要ですので、終了して問題ありません。

 

影MOD(シェーダーパック)でテンション爆上げ

 

ここを読んで頂けているならMODを入れることに成功してると思います。

 

マイクラではフィールドだけでなく見た目を変えるようなMODもあります。まず手を出してみたいMODはリアルな画面を楽しむ「影MOD」ではないでしょうか。

 

今回は影MODを楽しむ簡単な方法をご案内します。

 

OptFineをインストール

 

まずは影MODの本体とも言えるツール「OptFine」をインストールします。

 

以下へアクセスします。

 

https://optifine.net/downloads

 

アクセスできましたらXserver VPSにインストールしているマイクラのバージョンを選び「Download」ボタンをクリックします。

 

サイトが移動しますので「Skip」をクリックします。

 

Downloadボタンをクリックします。

 

ダウンロードが完了しました。ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

 

「Install」をクリックします。

 

インストール完了

 

SEUS Renewed(影を描画するツール)をダウンロードする

影を描画するためのツールをダウンロードします。

今回は有名どころの「SEUS Renewed」を使います。

 

https://www.sonicether.com/seus/#downloads

 

DOWNLOADボタンをクリックします。

 

EULAにチェックを入れてから「DOWNLOAD」ボタンをクリックします。

 

ツールがダウンロードできました。zipファイルは開かなくてOKです。

 

.minecraftフォルダに移動します。ユーザIDはあなたのログインユーザー名です。

c:\Users\ユーザID\AppData\Roaming\.minecraft

 

shaderpacksフォルダに移動します。

shaderpacksフォルダがない場合は「.minecraftフォルダー」に新規作成すればOKです。

 

ダウンロードしたzipファイルをshaderpacksフォルダーへ移動します。

 

以降新しい影MODツール(zipファイル)をダウンロードした場合はshaderpacksフォルダーへ置けばOKです。

 

シェーダー(影)設定をする

マイクラを起動します。OptFineが選択されていることを確認してから「プレイ」ボタンをクリックします。

 

「設定」をクリックします。

 

「ビデオ設定」をクリックします。

 

「シェーダーの詳細設定」をクリックします。

グラフィックスは「最高設定!」以外を選んでください。

 

SEUS-Renewd-v1.0.1.zipを選び完了をクリックします。

 

後はマルチプレイを選んでゲームを開始しましょう!世界がガラッと変わって驚くはずですよ。

 

水中もご覧のとおり。

 

世界が超キレイになりました!

 

夕焼けもすごい…

 

星空も最高

 

影MODのインストールまとめ

  • インストール済みのマイクラバージョンに合わせたOptFineをインストール
  • OptFineに対応した影MODツール(zipファイル)をダウンロード
  • .minecraft\shaderpacksフォルダーにダウンロードした影MODツールを置く

 

世界がキレイすぎてビビりますよ。ぜひあなたもこのすごさを体感してみてください!

 

\ 安定稼働でコスパも最強 /
Xserver VPSを申し込む

 

VPSサーバーのセキュリティ強化を実施する

 

Xserver VPSは仕様上接続許可ポートはONにしておき、VPS上で通信制御を行います。

 

現状では外部から接続し放題なので攻撃対象となりやすいSSH接続とFTP接続を遮断する設定が必要です。以下のコマンドを1行ずつ入力します。

 command
ufw enable  ←ファイアウォールを有効化
ufw default allow  ←初期値が全通信が拒否の設定なので全通信を許可へ変更
ufw deny 22  ←SSH通信を拒否
ufw deny 23  ←FTP通信を拒否
ufw reload  ←ファイアウォール設定を再読み込み

 

最後に下記のコマンドを入力して22と23の設定が出来ていることを確認して終了です。

 command
ufw status

 

注意点としては上記の設定を実施することでTera Termなどの外部アプリからのSSH接続やWinSCPなどの外部アプリからFTP接続ができなくなります。

 

必要に応じてVPS管理画面のコンソールから直接VPSへ入りufwの設定を削除する必要があります。下記は22番と23番をufwから削除する方法です。

 command
ufw delete deny 22
ufw delete deny 23
ufw status
ufw reload

 

PC版のMinecraftを購入する方法

 

PC版のマイクラを購入する方法をご紹介します。

 

マイクラの公式サイトへ入ります。

 

https://www.minecraft.net/ja-jp

 

公式サイトへ入りましたら「MINECRAFTを購入」ボタンをクリックします。

 

パソコンを選択します。

 

お好きなエディションを選び「購入」をクリックします。

 

ログインをします。

マイクラの購入にはMicrosoftアカウントが必要ですので、持っていない場合は無料でサインアップ!をクリックして作成しましょう。

 

サインインをします。

 

パスワードを入力し「サインイン」をクリックします。

 

維持するかどうかを決めましょう。迷いましたら「いいえ」で構いません。

 

支払い方法を選び「購入」をクリックします。

 

「Paypal」「クレジットカード」が使えます。

 

購入が完了するとダウンロードボタンが表示されますのでクリックします。

 

「ライセンス条項」に同意し「インストール」をクリックします。

 

インストール中

 

インストールが完了しました。

 

ログイン方法を選びます。MICROSOFTアカウントを持っていればそちらでログインしてもOKです。

 

ログイン完了。

 

ランチャー画面が表示されれば準備完了です。下記の画面はforgeをとMODをインストールしたときのランチャー画面です。

 

Xserver VPSでマイクラサーバーを立てる方法:まとめ

 

Xserver VPSの登場でエックスサーバーでもマイクラサーバーを立てることができるようになりました。

 

レンタルサーバーの老舗の貫禄ともいうべき、マイクラサーバーがワンクリックで立てられることに驚きました。

 

マインクラフトマネージャーにログインするときのパスワード紛失してしまった場合の対処法も掲載してありますので、ご参考ください。

 

Minecraftには統合版とJava版の2種類があります。

 

  • 統合版はMODが使えないがゲーム機に関係なくみんなで遊べます。
  • Java版はWindows、Mac、Linuxユーザー同士しか遊べませんがMODを使って遊びつくすことができます。

 

友人、知人が多くどちらも使いたい場合は遊び分けもできます。おもに3ステップで切り替えができます。

  • 統合版のマイクラサーバーを立ち上げイメージを保存
  • Java版でマイクラサーバーを立ち上げイメージを保存
  • 以降はイメージの復元で統合版・Java版を切り替える

 

少し手間に感じますが、ひと昔前ならコマンドを打ちまくって切り替えることを考えるとワンクリックで切り替えができ、数秒で作業も完了。これに驚きです。

 

これまではXserverでマイクラのマルチサーバーを立てたかったけど「どうも出来ないらしいのでXserver以外のVPSでマイクラサーバーを立てよう」という人が多かったです。

 

これからはXserver VPSを使えば誰でもマイクラサーバーがワンクリックで簡単に立てられるようになります。もっと言うと申し込んでサーバーにアクセスすればマルチプレイで遊べます。

 

実際にXserver VPSを使ってみたところワンクリックでマイクラサーバーを立てることができました。簡単すぎてビックリです。

 

MODの導入を行うとサーバーが重くなることがありましたが、Xserver VPSではそのようなことがありませんでした。かなりサクサクと動きます。

もし、10人以上で遊ぶ場合は4GBプラン以上がおすすめです。

 

マイクラのマルチプレイがこんなに簡単にできることにとにかく驚きです。

 

みんなと遊べるマルチプレイほど面白いものはありませんね。Java版ではMODを使って遊ぶこともできます。さらに楽しくハマれること間違いなしですね。

 

\ 安定稼働でコスパも最強 /
Xserver VPSを申し込む

 

 

-VPS
-, ,