WordPress

【現役エンジニアが解説】コノハウィングとエックスサーバーを徹底比較。どっちがおすすめ?

はや@ブログ専門家

▶ブログ開設のプロが運営 ▶ 寝る暇さえあればブログを研究 ▶ A8.netブラックランク達成 ▶ こんな情報が欲しいんだけど?という人は「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ!▶ ハヤブロはあなたの悩みを瞬時に解決することをモットーに運営しています!

\ 価格か性能で選ぼう/

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

私は、サーバーエンジニア・ネットワークエンジニアとして働き、これらの知識を活かしたブログを日々運用している「はや」と申します。

 

ブログを作って運営をしていくためにはあなたが「このレンタルサーバーなら安心できる!」というサーバーを選ぶことが一番重要です。

 

今回は中でも2大有名レンタルサーバーである「コノハウィング(ConoHa WING)」と「エックスサーバー(XSERVER)」を比較していきます。

 

ブログを始めようとレンタルサーバーを選んでいるところだと思いますが、もうどちらのサーバーを選ぶか決まっているでしょうか?

 

価格が安く・サーバー速度はトップクラスと名高い「コノハウィング」を選ぶか、価格は少々高いがサーバー速度・稼働率の速さは最高クラスと名高い「エックスサーバー」を選ぶか。

 

選び方は人それぞれではありますが、納得した上でレンタルサーバーを選んでいきたいところです。

 

今回は「コノハウィング」と「エックスサーバー」について価格から性能、機能について「サーバーエンジニアである私」が詳細な説明も交えお話していきます。

 

筆者について

 

コノハウィングとエックスサーバーを徹底比較

 

さっそくコノハウィング(ConoHa WING)とエックスサーバー(XSERVER)を比較していきますね。

 

 

レンタルサーバーを選ぶ際に重要なのが価格と性能です。

 

特にコノハウィングもエックスサーバーではあなたがこだわりを持っている部分で選んで差し支えありません。

 

前向き女子
私は性能も気なるけど、価格が一番気になるからコノハウィングかなー。

 

悩む男子
僕は少し高いぐらいなら性能で定評のあるエックスサーバーかな。

 

上の二人のような選び方で間違いはありませんよ。

 

各サーバーについて詳しく比較していきますね。

 

\ 価格か性能で選ぼう/

 

コノハウィング(ConoHa WING)

コノハウィング」の大きな特徴は国内最速を誇るサーバーを格安で利用できるという点です。

 

運営会社はGMOインターネット株式会社であり、設立日は1991年5月24日と歴史は長い企業です。

 

ただ、GMO発足当初からConoHa WINGを運営していたわけではなく、ConoHa WING自体は2018年9月26日運営開始とまだ日が浅いです。

 

運用実績はエックスサーバーに劣りますが国内最速のサーバー、1時間2円から使える料金設定で話題になりました。
はや

 

エックスサーバー

エックスサーバー」最大の特徴はサーバー運営に特化しているという点です。

 

設立された日は2004年1月23日で実に16年の歴史があり、サーバー運営のノウハウはそこらの企業とは比べ物になりません。

 

サーバー設備についても常に最先端を行っていることがエックスサーバー公式サイトからもわかります。

 

エックスサーバーの評判についてはこちらの記事をどうぞ。

エックスサーバーの評判ってどうなの?現役サーバーエンジニアが徹底解説【口コミ】

続きを見る

 

\ 価格か性能で選ぼう/

 

コノハウィングとエックスサーバーの機能を比較

 

この章では、「コノハウィングエックスサーバーの価格や機能について比較をしていきます。

 

まずは全体を表にまとめましたので、ご参考にしてください。
はや

 

  • サーバー機能一覧
サーバー名コノハウィング(ベーシックプラン)エックスサーバー(X10プラン)
価格初期費用0円3,300円(税込み)
最低価格1時間2.2円から~990円から~(税込み)
最低利用期間無し無し
無料お試し期間無し10日間
支払方法クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
Pay-easy
クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
ディスク容量250GB200GB
転送量課金無し無し
RAID構成RAID10RAID10
WebエンジンApache + nginx(エンジンエックス)nginx(エンジンエックス)
サイト数無制限無制限
ドメイン数無制限無制限
データベースMySQLMySQL
データベース容量4.5GB2GB
データベース数無制限無制限
ウイルスチェックF-SecureF-Secure
迷惑メールフィルタF-SecureF-Secure
コントロールパネル独自開発の管理画面独自開発の管理画面
プラン変更
自動バックアップ標準搭載標準搭載
無料独自SSLLet's EncryptのSSL証明書Let's EncryptのSSL証明書
マルチドメイン無制限無制限
サブドメイン無制限無制限
WebフォントモリサワWebフォントを33書体モリサワWebフォントを33書体
.htaccess編集
ads.txt設定
Webサイト高速化LiteSpeed LSAPIエックスアクセラレーターVer.2
PHP7
HTTP/2
OPcache
ブラウザキャッシュ
メールサポート
電話サポート

 

  • WordPress関連
サーバー名ConoHa WINGエックスサーバー
WordPressインストールかんたんセットアップ簡単インストール
WordPress簡単移行
スパムコメント制限
海外コメント制限
ログイン試行制限
IPアクセス制限
WAF(Web Application Firewall)

 

コノハウィングとエックスサーバーの機能の一部を表で比較しました。

 

ほとんどの項目で扱っている機能は同じであることが表から読み取れます。
はや

 

前向き女子
使える機能って同じなんだね…。これならどちらでもおすすめできるって理由がわかるね。

 

次からはConoHa WINGかエックスサーバーを選ぶ上で、特に重視したい項目についてお話します。

 

利用料金

利用料金だけで選ぶとすれば「ConoHa WING」です。

 

1時間2.2円(最大で1か月1,320円)の「通常プラン」や、独自ドメインの取得がセットになった「WINGパック」が941円~(12か月)で契約できたりとにかく格安です。

 

  • WINGパック

 

  • 通常プラン

 

エックスサーバーでは「初期費用」がどのプランでも3,300円(税込み)かかります。

 

エックスサーバーの「X10プラン3年契約で月額990円(税込み)」まで下がりますが、コノハウィングでは941円と価格は安いです。

 

高性能なサーバーでブログを始めたいけど価格は極力抑えたいという場合はコノハウィングを選べばまず間違いありません。

 

前向き女子
はいはーい!私は価格で選びたいから「コノハウィング」で契約しまーす!

 

サーバーの処理速度と安定性

サーバーの処理速度において「コノハウィング」は国内最速ですが、下記のような注釈がされています。

日本国内シェアを90%以上占めたトップ10サービスの、各サービスの最下位プランをApache Benchで5回計測した平均値

 

通常こういった計測は第3者機関が計測するものであり、自社で計測している以上信頼性に欠けてしまいます。

 

とはいえエックスサーバーもサーバー速度No.1を銘打っているため、正直サーバー速度で比較してもあまり意味はありません。

 

ただ、エックスサーバーにおいては実績のあるCPU、メモリ、ハードウェアを明確にしており、コノハウィングはそこまで明確には書かれていません。

 

サーバー処理速度、安定性は企業の信頼度が非常に重要です。

 

サーバーの処理性能をとことん追求しているサーバーでブログを運営したいなあと考えているなら「エックスサーバー」を選べば間違いありません。

 

悩む男子
僕は価格よりも性能で選びたいから「エックスサーバー」で契約します!

 

ディスク容量

ディスク容量はWordPressブログを運営していくうえで重要な要素です。

 

コノハウィングとエックスサーバーのディスク容量は表のとおりです。

 

コノハウィング

プラン名ベーシックスタンダードプレミアム
ディスク容量300GB400GB500GB

 

エックスサーバー

プラン名X10X20X30
ディスク容量300GB400GB500GB

 

ディスク容量についてはどちらも同じです。

 

自動バックアップ

日々悪意のあるユーザーからあなたのWordPressブログは狙われます。

 

当然私も悪意のあるアクセスが良くあります。
はや

 

WordPressの追加機能(プラグイン)で防ぐことはできますが100%とは言い切れません。

 

ConoHa WINGやエックスサーバーにはあなたの資産ともいえるWordPressブログを日々自動でバックアップしてくれます。

 

万一に備えておけるサーバーを選びたいですよね。

 

自動バックアップは「コノハウィング」と「エックスサーバー両方で使えますので、ご安心ください。

 

セキュリティ面ではコノハウィングもエックスサーバーも力を入れている部分ですので、「セキュリティについて自信がないよ…」という場合は、「コノハウィング」か「エックスサーバー」を選べば間違いありません。

 

前向き女子
プロに任せたほうが安心ってことなんだねっ。

 

管理画面の使いやすさ

管理画面とはWordPressの管理画面ではなく、ドメインを追加設定したり、サーバーのプランを変更したりといったサーバー部分を管理する画面を言います。

 

これは好みの部分も多いと思います。

 

 

ConoHa WINGはとにかくシンプルで女性にもポップなイメージに好感度抜群です。

 

項目に関しても「WordPRess」に関するものだけなのでとっつきやすく、初心者にもすぐに操作になれることができます。
はや

 

 

エックスサーバーの管理画面はどっしりとした存在感のある管理画面です。

 

機能ごとに項目が分けられている点が非常に素晴らしく、項目数はConoHa WINGよりも細かいため少し慣れが必要です。

 

しかし慣れてしまうとほかのサーバーの管理画面が非常に使いづらいことに気が付きます。

 

サポート体制

コノハウィング」と「エックスサーバー」では電話によるサポート、メールによるサポートが用意されています。

 

電話サポートの場合両社とも平日の10時から18時までです。

 

メールの場合は24時間365日受け付けています。

 

ここまでであれば、どちらも差はありません。

 

エックスサーバーの場合、メールサポートは24時間以内に返信があります。

 

ConoHa WINGのメールサポートは24時間以内に返信があるか明確な記述はありません。

 

エックスサーバーはサーバー運営に特化した技術者集団であり、トラブル解決にかなりの安心感がありますがConoHa WINGは運営年数も浅いためどうしてもエックスサーバーとは見劣りしてしまいます。

 

サポート体制を気になさるのであればエックスサーバーを選んでおくと非常に安心できます。
はや

 

運営実績

運営実績で選びたいなら「エックスサーバー」です。

 

記事の冒頭でもふれたように、設立された日は2004年1月23日で実に16年の歴史があり、サーバー運営のノウハウはそこらの企業とは比べ物になりません。

 

コノハウィング」自体は2018年9月26日運営開始とまだ日が浅いです。

 

もちろんどちらも信頼性はありますが、実績面では圧倒的にエックスサーバーが強いです。

 

解約のしやすさ

ブログを運営していたがやむなく解約する必要がでてきた…。

 

いつかはするかもしれない「解約」ですが、エックスサーバーとConoHa WINGではどちらが解約しやすいかも比較してみました。

 

圧倒的な解約のしやすさは「エックスサーバー」です。

 

エックスサーバーでは専用の解約画面があり、そこから解約を申し出ると解約することが可能です。

 

契約情報から解約するを選択

 

解約後は利用期限まで利用可能

 

解約手順もシンプルでわかりやすい点に好感がもてます。
はや

 

コノハウィング」は、はっきり言ってしまうと「いじわる」です。

 

単純にアカウント管理画面からConoHaの退会をクリックしても削除はできません。

 

初見で解約できない点は非常に印象が悪いです。
はや

 

性能がいくら良くても解約がスムーズにできないという点は非常にデメリットです。

 

ConoHa WINGの解約方法については少し癖があるので念のため記事を置いておきますね。もし解約する際はご参考にしてみて下さい。

コノハウィング(ConoHa WING)のWINGパック解約方法【完全解説】

続きを見る

 

\ 価格か性能で選ぼう/

 

エックスサーバーのメリット・デメリット

 

エックスサーバー」のメリットとデメリットをまとめました。

 

メリット

  • サーバー運営に特化した企業であり、常に最先端の設備を導入している。
  • サーバー速度、安定性は国内トップクラス。
  • 電話サポート、メールサポートでは経験豊富なエンジニアがバックにいるため、信頼度が非常に高い。
  • サーバーパネルが独自開発されたもので機能ごとにまとめられていて操作しやすい。
  • WordPress簡単インストール機能で知識ゼロでブログが始められる
  • 随時キャンペーンが行われており、金額の負担を小さく抑え最高の設備でブログ運営ができる

 

デメリット

  • 初期費用(3,000円)がかかる
  • 月額料金もConoHa WINGと比べるとやや高め
  • プラン乗り換えに時間がかかる

 

補足をしておくと、初期費用はキャンペーンを利用することで半額もしくは無料になりますので、キャンペーンを利用すれば格安で契約できます。

 

月額料金はConoHa WINGと比べるとやや高めになりますが、最高の設備とサポートが控えていることを考えれば十分納得のいく料金設定です。

 

プラン変更にはタイミング次第では、時間がかかってしまいます。

 

X10プランからX20プランへプランを変更したい場合、当月の20日までに申し込みを行います。翌月1日からX20プランとして利用できます。当月21日に申し込んだ場合、翌々月1日からの利用となるのでご注意ください。

 

コノハウィングのメリット・デメリット

 

コノハウィング」のメリットデメリットについてまとめました。

 

メリット

  • 国内最速のサーバーが利用できる
  • ドメインとセットの「WINGパック」がお得
  • サーバー管理画面がWordPressに特化しており分かりやすい

 

デメリット

  • 無料お試し期間がない
  • 運用歴が短い
  • 解約方法が簡単ではない

 

補足しておくと、無料お試し期間はありませんが、通常プランでは1時間2円~使えますので、まずは5時間だけ、10時間だけ使って試してみることができます。

 

納得がいったらドメインと月額料金がセットでお得なWINGパックを契約すれば失敗を防ぐことが可能です。

 

ConoHa WINGは運用歴が短くエックスサーバーと比べると実績という部分は劣ります。

 

ですが「企業自体は大きいことと」「今後の伸びしろを十分に持っている」ので、運用歴についてはさほど心配する必要はありません。

 

ただしConoHa WINGでは解約手順が難解です。

 

ConoHa WINGを使い続ける分には気にする必要はありませんが、将来を見据えてブログ運営を行う場合には解約が難しいという点を覚えておいてください。

 

コノハウィングとエックスサーバーはどちらを選べば良いのか

 

まず「コノハウィング」と「エックスサーバー」のどちらかで契約を決めかねている場合、性能で選ぶか価格で選ぶかを考えてみてください。

  • 「ブログを作りたいけど、料金だけは絶対に安くしておきたい…!」ならコノハウィングで間違いありません。
  • 「ブログを作りたいけど、高性能なサーバーを使いたい…!」なら、エックスサーバーで間違いありません。

 

エックスサーバーがおすすめの人

最新設備を備えているサーバーとサーバー管理のプロ集団が運営いている企業でブログを運営したいとお考えであればエックスサーバーを選べば間違いはありません。

 

初期費用は3,300円(税込み)しますが、キャンペーンを狙えば無料~に抑えることができ、最強環境でブログが運営できるサーバーはここだけです。

 

サーバーパネルも独自開発のものが使われており、ブログ運営とWordPressの勉強をしてみたい人にエックスサーバーのサーバーパネルは相性抜群。

 

将来を見据えWordPressブログをじっくり確実に運営したい人に「エックスサーバー」は向いています。
はや

 

コノハウィングがおすすめの人

WordPressブログをシンプルで料金も安く運営したい!という場合、「コノハウィング」で間違いありません。

 

WordPressのインストールは通販で個人情報を入力しているような感覚でサクッとできます。

 

サーバー管理画面もWordPressブログの運営に必要な機能だけを備えているため非常に扱いやすいサーバーです。

 

\ 価格か性能で選ぼう/

 

コノハウィングとエックスサーバーを比較した結果(まとめ)

 

コノハウィング」と「エックスサーバー」を比較してみました。

 

レンタルサーバーを選ぶうえで重要なのは価格か性能です。

 

  • 価格にこだわりたいなら「コノハウィング」
  • 性能にこだわりたいなら「エックスサーバー」

 

価格で選びたいなら「コノハウィング」を選べば間違いなし。

 

とことん性能で選びたいなら「エックスサーバー」を選べば間違いなし。

 

コノハウィングもエックスサーバーも人気のサーバーで性能については問題はないので、価格重視か性能重視で選んで全く問題はありませんよ。
はや

 

前向き女子
さっそく作るぞー!

 

\ 価格か性能で選ぼう/

 

エックスサーバーでブログを作る

【最新版】WordPressクイックスタートの申し込み方法とやり方を図解!XSERVER(エックスサーバー)で爆速解説!

続きを見る

 

ConoHa WINGでブログを作る

【かんたんセットアップ】ConoHa WING(コノハウィング)の申し込み方法とWordPressブログの作り方

続きを見る

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

はや@ブログ専門家

▶ブログ開設のプロが運営 ▶ 寝る暇さえあればブログを研究 ▶ A8.netブラックランク達成 ▶ こんな情報が欲しいんだけど?という人は「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ!▶ ハヤブロはあなたの悩みを瞬時に解決することをモットーに運営しています!

-WordPress
-, ,