ランキング

今ゾイドがひそかなブーム!懐かしのゾイドをランキング形式で紹介!

更新日:

子供のころ、ZOIDSが大ブームになりました。

ZOIDSの正式名称は「Wikipedia」によると「ZOIC ANDROIDS(動物のアンドロイド)」という意味があるようで、子供のころにはわからなかったものも今では、「なるほど!」と舌を巻きます。

ご存知のかたは多いと思いますが、ZOIDSは恐竜や動物をモチーフにした玩具でゼンマイやモーターで動くのですが、ただ歩くだけではありません!

 

動画を見ていたければ一目瞭然ですが、歩くことはもちろん、動きに合わせ武器も動いたり、尻尾も振ったり、ハイエンドになってくると鳴き声もだし、顔が光ったりと…子供の想像力を膨らませる機能が満載でした!

 

今回は、そんなZOIDSを私視点のランキング形式で紹介していきたいと思います!

新旧織り交ぜていきますので、懐かしさに浸りつつ、ZOIDSの素晴らしさを堪能いただければうれしいです!

 

共和国・帝国軍が入り乱れたゾイドランキングトップ10!

思い出補正など入っていますので、今見ると「うお!かっこ悪い・・」が「えっ、この順位?!」ってなるかもしれません。

もう一度言いますが、子供は興味あるものをとてもかっこよくみえるんです。なので、相当思い出補正が入っている場合があるので、ご了承くださいませ!

 

それではどうぞ。

 

10位: マッドサンダー (へリック共和国軍)

帝国軍:デスザウラーを倒すべく開発されたトリケラトプス型のZOIDSです。

長い角が魅力的で、のっそりとした動作はどんな攻撃も耐えうる装甲を持つ共和国軍の切り札的な存在です。

 

はや
当時は実際にデスザウラーとマッドサンダーを対決させ、見事デスザウラーをひっくり返した記憶が残っています。

 

9位: アイアンコングマークII 量産型 (ガイロス帝国軍)

共和国軍最強のウルトラザウルスを撃破するために開発されたゴリラ型のZOIDSです。

のっそり歩く姿はゴリラそのもの!

 

はや
実際ウルトラザウルスと対決させましたが、永遠に引き分けた(ぶつかり合って歩くだけ…)記憶が残っています。

 

8位: メガトプロス (へリック共和国軍)

今見ると…「えっ?こんなんだっけ?!」と思えるぐらいの思い出補正です。

とてもカッコいいなと思っていたのですが、どうも年を重ねていくうちにマッドサンダーと混ざってしまったようです。

青の透き通ったフードのような部分と背中に搭載されている火器が搭載されたトリケラトプス型のZOIDSです。

とはいえ、バランスのとれた重火器や足と胴体の関節部分を守るシールド構造など、組み立てた後も、分解したりしてギミックを楽しんでいました。

 

はや
胴体から頭につながっているワイヤーはバネなんです。
はや
最終的に伸ばしてしまった記憶があります…

 

7位: レドラー (ガイロス帝国軍)

※参考画像なし

ドラゴン型のZOIDSです。恐竜型や動物型をうたっている割にこれはドラゴン型とやや「??」に感じてしまいますが、ドラゴン型です。

ゼンマイで動くレドラーですが、羽や動きがやけにリアルだった記憶があります。

頭から尻尾まで、とてもきれいな流線型をしており、子供ながらにリアルさに感心していた記憶があります。

 

はや
今思ったのですが、「レドラー」は赤いドラゴン「レッドドラゴン」だからレドラー?と思いましたが、はてさて。

 

6位: シールドライガー (へリック共和国軍)

青いトラのような形をしたZOIDS。子供のころ、初めに買ってもらったZOIDSです。

帝国軍のサーベルタイガーに対抗したZOIDSです。性能では、サーベルタイガーをはるかに超えています。

シールドライガーの牙は、レーザーを発生させ敵装甲を焼きつくします。

 

はや
当時CMで見て、「一目ぼれ」した覚えがあります。

 

ちなみにCMの「ゾイド」というセリフですが…

 

「ンゾイド!」

 

って聞こえませんでしたか?

 

6位: 番外編 新型シールドライガー (へリック共和国軍)

新型ZOIDSでは、リニューアルされたシールドライガーが2016年3月に登場しました。

旧シールドライガーとは異なり、現代の技術でさらにディテールが細かくなり、かっこよさも数段にアップしていて、見ているだけでも飽きません。

 

5位: サーベルタイガー (ガイロス帝国軍)

史上初の大型ZOIDS。赤い稲妻とも称されるZOIDSで、奇襲攻撃を得意としています。

ライバルは6位に登場したシールドライガーになりますが、シールドライガーと正面からぶつけて遊んでましたが、ライバルというだけあり、永遠とぶつかり続けていた記憶があります。

 

5位: 番外編 新型セイバータイガー (ガイロス帝国軍)

シールドライガー同様、シールドタイガーはセイバータイガーと名前を変え、2016年8月に登場しました。

ディテールアップはもちろん、性能もアップしたセイバータイガーは、シールドライガーに劣らない性能を得ました。

 

4位: ゴジュラス・マークII 量産型 (へリック共和国)

白いボディーが特徴的な恐竜型ZOIDSです。顔が緑色に光り、ボディの色との相性が抜群!

肩には超大型のキャノン砲を備えているのが特徴的です。

ただ、このキャノン砲、ゴムキャップひとつで支えるため、いじりすぎるとキャノン砲が下を向いてしまいかっこよさ激減する残念な構造でした…。

ちなみに尻尾にはおもりがついており、これがないとうまく立てません。

 

はや
次のページでは、いよいよトップ3の発表です!

 

次のページへ >

amazonチャージ!

amazonマーケットプレイズで掘り出し物が見つかったけど、支払いはクレジットカード払いのみだったりしますよね・・・。

しかし「amazonチャージ」を利用すればもうあきらめる必要がなくなります!

しかも、チャージするほどポイントが貯まり、お得にお買い物できちゃいます。

スペース

\くわしい内容はコチラ/

amazonチャージの入金方法

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はや

20キロの減量に成功した元「顔がまんまる」の現役ネットワークエンジニアです。皆様の疑問に答える一身で日々精進しております。レビュー依頼など執筆依頼は「お問い合わせ」から頂けると幸いです。

-ランキング
-

Copyright© HAYAMIZ BLOG , 2019 All Rights Reserved.